これでオシャレ部屋に。狭くても広く見せる方法って?♡

LIFESTYLE

部屋の広さは自分ではどうにも出来ない問題ですよね。
部屋の広さは変えられなくても、お部屋のレイアウト次第でお部屋を広く見せることは可能です!
今回は、部屋を広く見せる方法についてご紹介します!

部屋を広く見せる方法1:背の高い家具は端や窓際に配置しましょう

部屋を広く見せる方法のひとつめとして、背の高い家具を端に置くことで中央のスペースを空けることができます。
部屋の中央を開け、出来るだけ床面を見せることで、部屋が広いという印象を人に与えることができます。

家具を部屋の片側に集中させ、家具を置かない壁面を作ることで広々とした印象となります。
また、家具は奥行きのある家具を置いてしまうと空間が狭くなってしまいますので、細長い家具や背の高い家具を有効活用するのもおすすめです♪

部屋を広く見せる方法2:目線や視線に合わせて家具を配置する

部屋のインテリアを、背の低い家具で揃えると、視線を遮らないので空間が広く見え、圧迫感を感じることが無いので、結果的に部屋を広く見せることができます。

しかし、家具によっては収納が少なくなってしまって、収納出来ない物が出てしまっては本末転倒になってしまうので、自分の所持品の量などに合わせるようにしましょう。

また、家具に統一感を出すだけで、部屋が広く感じるようになりますよ。

部屋を広く見せる方法3:家具の色は壁と近い色を選ぶ

家具の色を部屋の壁に合わせることで、一体感が出てくるので、大きな家具を置いても部屋が広く見せることができます。

また、家具は明るめの色を多く取り入れることによって、広く大きく見えます。
逆に濃い色の面積が大きいと、空間が区切られてしまうので、部屋が狭く見えてしまいます。

家具を選ぶときの色合いも気をつけるようにしましょう‼︎

部屋を広く見せる方法4:照明を利用して空間に奥行きを出す

照明によっても、部屋に奥行きを出すことができます。

例えば、部屋全体を照明で照らすよりも、間接照明を利用して立体感を出したほうが部屋は広く見えます。
同じように、補助照明であるブラケットを利用するのも◎。

また、天井を照明で照らせば、天井を広く見せることができるので、くつろげる落ち付いた雰囲気の部屋を作ることができます。

部屋は家具の色やレイアウト、光の採り方などで印象が大きく変わってきます。
なにも置かなければ、部屋は広くみえますが、それは殺風景で寂しい印象になりますよね。
今回ご紹介したポイントを利用して、部屋を広く見せ、自分だけのくつろぎ空間を作っちゃいましょう!