一人暮らしだからこそ出来る!節約方法や裏技をご紹介

LIFESTYLE

「節約」という言葉にマイナスのイメージを持っていませんか?
節約とはお金がプラスになることであり、無理なく出来る範囲で行えば、自分のプラスになる物なのです。
そして、節約法は数多くありますが、メディアで紹介されているの『家族を持つ『主婦向け』のものが多いですよね。
今回は、一人暮らしだからこそできる節約方法や裏技を紹介しちゃいます♡

一人暮らし向け♪節約裏技①食費を見直そう

外食はお金がかかると思っている方はいらっしゃいませんか?
実は材料費などをトータルすると、自炊した時の方が割高になることも…まずは、一人暮らしの食費の身の家計簿をつけて自分の無駄を洗い出しましょう。

無駄を洗い出せたら、自炊と外食・惣菜等を組み合わせて節約に挑みましょう♪
一番簡単にできる一人暮らしの食費の節約といえば、作り置きです。
長期保存できるものをたくさん作って保存したり、旬の食材が安くなっている時にたくさん作り置きをして保存しておくのも食費の節約になります。

また、お惣菜等は時間帯よっては、半額になったりするので、それを活用しない手はありませんよね!

一人暮らし向け♪節約裏技②電気代を見直そう

まずは電気代基本料金の仕組みについて知りましょう。
各地域によって値段は違いますが、契約A(アンペア)によって基本料金が変わってきます。
Aを落とせば節約になりますが、落とし過ぎるとブレーカーが落ちて日常生活に支障が出るようになるので、気をつけて下さい。
一般的に一人暮らしは15~20Aがいいみたいです♪

それに加えて、電気料金は使用料が増えるごとに一時間あたりの使用料金が高くなります。
なので、電力量を減らせば減らすほど、電気代を節約することができます。

また、一人暮らしの場合は学校や会社で昼間に人がいない場合が多いですよね。
そんな方にオススメなのが、時間帯別電灯を使う裏技です。
昼間の料金単価を割高に、夜間を割安に設定したメニューになりますので、夜に電力使用が多い方は時間帯別電灯にするだけで節約できちゃいますよ☆

一人暮らし向け♪節約裏技③水道料金の節約

水道料金は、地方自治体によって基本料金の設定が無かったり、水道料金の算出法がちがったりするので、それぞれ自治体のホームページで一度確認してみましょう。

一人暮らしの節約において、水道料金の節約はこまめな心掛けが大事です。

例えば、食器を洗う前にシンク等につけておき、汚れを落ちやすくすることで節水に繋がります。
お風呂は、シャワーの水をこまめに止めたり、湯船の半分ほどのお湯で浸かるなど、積み重ねが大事なポイント&地道ですが、一人暮らしの節約の裏技につながるのです♪

一人暮らし向け♪節約裏技④ガス料金の節約

出典:www.kaneko-s.co.jp

ガスは使用しているガスの種類で料金が変わってきます。
プロパンガスと都市ガスの2種類があるのですが、都市ガスの方が料金が安いため、一人暮らし物件選びの際に重要視する人もいます。

ガス代の節約も小さなことの積み重ねです。
お風呂でガス代を節約する裏技の場合、一人暮らしだと、シャワーのみにした方が水道代ガス代ともに節約できます。

料理の際は、特別な場合を除いて中火で調理したり、麺類等をゆでる場合は余熱で調理をするようにしましょう。
また、お湯を沸かす場合等は大きな鍋を使って熱伝導をよくすれば、短時間で沸騰します。

節約の基本は無理をせずに長期的に続けることが重要です。
あまり「節約」にとらわれ過ぎてしまうと、自分に余裕がなくなってしまいます。
なので一人暮らしで、時には出来ない時は、出来ないと割り切ることも必要です♪
一人暮らしだからこそできる節約方法&裏技をぜひ活用してみてください。