親に一人暮らしを反対された!承諾してもらう方法4つ☆

LIFESTYLE

一人暮らしをしたいけれど、親に反対されてしまう女の子も少なくは無いはず。
そんな時、あなたはどうしていますか?
きちんと一人暮らしを反対される理由を聞いて、それに合わせた対処法を実施して、念願の一人暮らしをゲットしちゃいましょう!

一人暮らしを承諾してもらう方法①親から反対されている理由が「安全面」の場合

一人暮らしの女性を狙った犯罪が多いことは、紛れもない事実です。
これは、一人暮らしをするにあたって、気をつけなくてはならないことでもあります。

この様な安全面を理由に、親から一人暮らしを反対された場合の説得は、住む地域の土地柄はもちろん、セキュリティのしっかりとしたマンションを選ぶこと!
そして、自分自身も防犯対策グッズを購入するなどの意識改革を行いましょう◎

また、住む予定の場所を事前に親に案内して、安全性を紹介するのもポイントですよ♪

一人暮らしを承諾してもらう方法②親に反対されている理由が「生活態度」

「生活態度」は、親から反対される一番多い理由となります。

実家での生活態度が原因で、「ひとりで生活する能力がない」と判断されてしまっていると、「一人暮らしをはじめたらきちんとするから!」と言っても聞き入れてもらえないパターンが多いです。

その場合は、納得させるために実際の生活態度を改めるしかありません。
確実に下心は見透かされますが、一人暮らしへの情熱は伝わるのではないでしょうか♡

一人暮らしを承諾してもらう方法③親に反対されている理由が「費用面」

漠然と「一人暮らしがしたい!」と主張したときに、親から費用面の指摘を受け、答えに詰まっていませんか?

費用面を理由に反対していても、具体的な数値を把握している親は少ないです。

自分の一人暮らしに必要な費用を具体的に提示して、自分の今の収入+貯金で始められることを説得しましょう。
学生さんの場合は、バイトを入れて本気度を訴えて☆

一人暮らしを承諾してもらう方法④親から「寂しい」と言われた場合

親から理由もなく反対された場合は、「寂しい」という理由が大きいです。

あまり口には出してくれない反対理由なので、充分に配慮しておく点でもあります。

対策としては、定期的に連絡を入れたり、実家に里帰りをすることを約束するということ♪
口だけの約束だと思われる可能性もあるので、連絡した日に、きちんと具体的な日時を設定しておくのも一つの有効な対策です!

様々な理由で反対はされますが、一人暮らしをした場合のメリットをきちんと親に訴えることも必要です。
✔︎家事ができるようになる。
✔︎金銭感覚が強くなる
✔︎就活・恋愛・結婚に有利
というようなメリットをあげて、自分自身のステップアップのために一人暮らしをしたいのだという気持ちを分かってもらいましょう。