おすすめ小説!「ブリジット・ジョーンズの日記」とは

LIFESTYLE

世界中の女性が夢中になったベストセラー小説『ブリジット・ジョーンズの日記』。
映画も大ヒットしましたね。映画しかみていない!という人にも小説はおすすめです。
等身大の女性の姿を描いた、永遠のベストセラー小説を改めてチェックしてみましょう!

おすすめ小説「ブリジット・ジョーンズの日記」とは?

出典:www.amazon.co.jp

小説「ブリジット・ジョーンズの日記」主人公、ブリジット・ジョーンズって、どんな人なのでしょうか?

ブリジット・ジョーンズは、テレビ制作会社に勤め、お酒とタバコを減らしてダイエットして、恋人をつくることを新年の目標に掲げる、32歳の独身女性。…って、こんな女性、あなたの周りにもいませんか?
そんな親近感のある彼女が、恋に仕事に奮闘する姿が一番のおすすめポイント!

ベストセラー小説になるのも、納得です♡

ブリジット・ジョーンズの日記

¥756

販売サイトをチェック

おすすめ小説「ブリジット・ジョーンズの日記」は、もちろん映画も大ヒット♡

その人気ぶりから、映画化されたことでも有名なおすすめ小説『ブリジット・ジョーンズの日記』。

主演のトニー・ゼルウィガーがブリジットを演じるために、大幅に体重を増やしたことも話題になりました!

せっかく立てた新年の抱負もなかなか守れず、毎日の出来事に一喜一憂しながらも前向きに乗り切っていくブリジット・ジョーンズの等身大の姿に、小説だけでなく映画でも、世界中の女性が共感しました。
“普通”の毎日に自信がもてないときに、とってもおすすめ!ブリジット・ジョーンズの姿に、元気をもらえますよ♪

おすすめ小説「ブリジット・ジョーンズの日記」のブリジットは作者自身?

出典:www.penguin.com

『ブリジット・ジョーンズの日記』生みの親は、ブリジットと同じ30代の小説家ヘレン・フィールディング。

ヘレン・フィールディングの経歴がブリジットと似ていることから、ブリジットはフィールディング自身?と噂されたほどですが、本人はきっぱり否定。

日記形式での小説にしたのは、「人には話さないような個人的な思いのはけ口である日記を読むことは、他人の生活の裏側を覗いているようで読者が楽しめると思ったから」なんだとか。
他の人の生活を覗いてみたいなぁ…なんて思ったことがあるあなたにおすすめです♡

「ブリジット・ジョーンズの日記」作者、ヘレン・フィールディングのデビュー小説もおすすめ!

出典:item.rakuten.co.jp

十代の頃から読書が大好きで作家志望だったヘレン・フィールディングが、テレビ局勤務を経て小説家デビューした作品が、『セレブリティを追っかけろ!』。

セレブリティたちの生きる滑稽で虚飾に満ちた世界とアフリカの難民キャンプを舞台に、ロンドン生まれのキャリアウーマン・ローズィーが奮闘するストーリー。

『ブリジット・ジョーンズの日記』の次は、ヘレン・フィールディングの処女作を読んでみるのも、おすすめですよ♪

主人公の等身大の姿が共感を呼び、小説でも映画でも大ヒットとなった小説『ブリジット・ジョーンズの日記』。
平凡な毎日にちょっと疲れてきたら、小説『ブリジット・ジョーンズの日記』を読んで、元気をもらうのがおすすめ!
彼女みたいに、毎日をがんばれるパワーをもらえること、間違いなしですよ!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。