動物好きにはたまらない!おすすめ小説のドリトル先生

LIFESTYLE

世界中で愛されている小説「ドリトル先生」シリーズ。
人間と動物の温かなやり取りは、大人になってから読むのもおすすめ!その魅力を改めてご紹介します。

おすすめ小説「ドリトル先生」シリーズの作者は?

引用:www.amazon.co.jp

おすすめ小説「ドリトル先生」シリーズの作者は、ヒュー・ジョン・ロフティング(1886年1月14日 - 1947年9月26日)。

イギリス出身で、アメリカで活躍した、児童文学および絵本作家です。第一次世界大戦で西部戦線に赴きますが、軍用馬が銃殺される光景に心を痛めたロフティングは、自分の子どもに手紙を書きます。

その中で、動物の言葉が話せる医師、ジョン・ドリトル先生の物語を書き綴ったのが、小説「ドリトル先生」のはじまりです。

ドリトル先生アフリカゆき

¥734

販売サイトをチェック

おすすめ小説「ドリトル先生」人気の理由は?

引用:www.ehonnavi.net

「ドリトル先生 アフリカゆき」から始まった、おすすめ小説「ドリトル先生」シリーズ。

動物語も魚語も話せるドリトル先生が、オウムのポリネシアやアヒルのダブダブたちと世界中を旅し、月にまで行ってしまうというユーモアあふれるストーリーで、おすすめです!

今でも世界中で小説「ドリトル先生」が愛され続けているのは、「おもしろいことがわかる動物の方が、せせこましい人間より高尚!」というドリトル先生の信念に、多くの人々が共感しているからでしょう。

「ドリトル先生ものがたり」全13冊セット

¥10,152

販売サイトをチェック

おすすめ小説「ドリトル先生」シリーズは、映画化されているの?

児童文学として親しまれている、おすすめ小説「ドリトル先生」シリーズですが、1967年には、『ドリトル先生不思議な旅』として、アメリカでミュージカル映画にもなっているんです!

小説ドリトル先生シリーズの『アフリカゆき』『航海記』『サーカス』『動物園』『月へゆく』などを綯い交ぜにしたストーリーは、たちまち人気となり、第40回アカデミー賞で視覚効果賞と歌曲賞の2部門を受賞しました!

映画化されるほど、高い評価を得ている「ドリトル先生」シリーズは、おすすめ小説です。

「ドリトル先生」シリーズ以外のおすすめ小説は?

引用:www.ehonnavi.net

小説「ドリトル先生」シリーズを読破したら、「タブスおばあさん」シリーズはいかが?

ドリトル先生と同じく、ヒュー・ロフティングが挿絵も描いた絵本シリーズで、けなげな動物たちが知恵を出し合い、力を合わせて、100歳のタブスおばあさんのピンチを救うという物語でおすすめな小説です。

人間と動物の温かい交流にほっこりしたい人や、お子さまへの読み聞かせにもおすすめな小説です!

人間と動物のユーモアあふれる、温かなストーリーが魅力の小説「ドリトル先生」シリーズ。
心がほっこりしたいときに読むのが、おすすめです!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。