綺麗な世界観がおすすめ!シュトルムの小説の魅力とは

その美しい世界観で今も多くの人々の心を魅了している小説家シュトルム。
小説家だけではない魅力的な彼の人生や、おすすめ作品をご紹介します。

小説がおすすめ!シュトルムの魅力①どんな人だったのか?

www.geocities.jp

テオドール・シュトルム(Hans Theodor Woldsen Storm、1817年9月14日-1888年7月4日)は、ドイツの作家。
おすすめの代表小説としては、『みずうみ』や『白馬の騎手』などがあります。

ですが、実はシュトルムは、人生の大半を法律家として過ごしてきました。
法律家の傍らで、若い頃から慣れ親しんでいた文学作品を自らも書くようになります。

シュトルムが最初の短編小説『マルテと彼女と時計』を書き上げたのは30歳のときですが、作家活動に専念するようになったのは、判事職を辞した60代の頃でした。
現在はドイツの有名作家ですが、遅咲きの小説家とも言えます!

小説がおすすめ!シュトルムの魅力②彼の故郷や活躍とは?

シュトルムが法律の道に進んだのは、弁護士である父親の希望でした。

その傍らで小説の創作活動を続けたシュトルムは、故郷の港町フーズムをこよなく愛しました。
シュトルムは、どの作品でも郷土のどこか寂しげな哀愁を漂わせ、人の世のはかなさを美しく静かに表現しています。

シュトルムが発表したのは小説だけではなく、300編以上の音楽性に富んだ詩を書き、ドイツを代表する抒情詩人としても活躍しました。
シュトルムの美しい言葉に感動した方は、小説だけじゃなくて詩集もおすすめなので、チェックしてみてください♪

小説がおすすめ!シュトルムの魅力③代表作:みずうみ

www.amazon.co.jp

シュトルムの代表作で、おすすめ小説といえば『みずうみ』。

故郷で弁護士業を始める前の25歳のとき、かねてから想いを寄せていた少女に求婚するも叶わない…というシュトルム自身の失恋体験をもとにしていると言われています。

その美しくもはかない青春の悲恋は、まるで湖畔の澄んだ空気のような静けさだと評され、悲しみが昇華されたとの声も。
心を浄化したいときにおすすめの小説です♪

みずうみ 他四篇

¥518

販売サイトをチェック

小説がおすすめ!シュトルムの魅力④代表作:白馬の騎手

www.amazon.co.jp

シュトルムの最高傑作ともいわれる、おすすめ小説が1888年に書き上げた『白馬の騎手』。
この年にシュトルムは亡くなっており、遺作ともなりました。

北海の岸辺の貧しい家に忌まれたハウケ・イエンは、堤防監督官の娘と結婚して栄光を手にします。
栄光を手にしたと思ったら、大津波によって旧堤防が崩れるとともに、彼も白馬にまたがって没落していくという物語です。

シュトルムが人間の心理的葛藤や社会の矛盾による悲劇を描いた作品は、現代に生きる私たちにも、考えさせられるものがあります。
重たいテーマにも思えますが、深く感動するおすすめ小説です☆

白馬の騎手

¥1,620

販売サイトをチェック
ひとり静かに心を見つめたい-そんなときには、シュトルムの小説がおすすめです。
澄んだ美しさの中で、心が洗われたり、悲しみが癒えたりするかもしれませんよ☆
ぜひ、ゆっくりしたい時はシュトルムの小説を読んでみてくださいね。

シュトルム 小説 おすすめ みずうみ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 みちる

お役に立てる情報をお届けします♪

>もっとみる