映画に負けない!おすすめな小説チョコレート工場の秘密

LIFESTYLE

映画の原作になったことでもおなじみの小説『チョコレート工場の秘密』。
映画が印象的だったという方、ぜひ小説も読んでみて!
特にブラックユーモアが好きな人にはおすすめです☆

おすすめ小説『チョコレート工場の秘密』の作者は?

www.roalddahl.com

おすすめ小説『チョコレート工場の秘密』の作者は、イギリスの小説家で脚本家のロアルド・ダール(Roald Dahl、1916年9月13日 - 1990年11月23日)。

第二次世界大戦中は、イギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍しましたが、戦後、アフリカで聞いた不思議な話やパイロット時代の経験をもとに小説を書くようになりました。

こんな過酷な体験をしたロアルド・ダールだからこそ、夢のあるチャーリーとチョコレート工場の秘密のような小説が書けたのかもしれませんね♪

おすすめ小説『チョコレート工場の秘密』の人気のヒミツは?

www.amazon.co.jp

おすすめ小説『チョコレート工場の秘密』の人気のヒミツは、なんといってもチョコレート工場主ウィリー・ウォンカの奇想天外な世界観!

黄金の切符を手にした子どもたちだけが、チョコレート工場の見学に行けるのですが、謎に満ちたチョコレート工場では、次々に思いがけない出来事が起こります。

一癖も二癖もある子どもたちと、ブラックユーモア満載のストーリーに、引き込まれてしまうこと間違いなしの、おすすめ小説なんです♪

チョコレート工場の秘密

¥1,296

販売サイトをチェック

おすすめ小説『チョコレート工場の秘密』の映画は…

www.amazon.co.jp

『チョコレート工場の秘密』の小説を原作にした映画「チャーリーとチョコレート工場」は、あまりにも有名ですよね♪

ジョニー・デップがウォンカ役で主演を演じたことでも話題になりました。
チャーリーとチョコレート工場の劇中で登場したウォンカバーは、映画の製作に全面協力したネスレがイギリス版、アメリカ版、オーストラリア版を販売☆
それぞれの国によってウォンカバーの包装が違ったんだとか!

映画でハマった方は、ぜひ原作小説チョコレート工場の秘密も読んでみることをおすすめします。
物語の世界により、深く入り込めますよ。

『チョコレート工場の秘密』のほかに、おすすめの小説は?♡

www.amazon.co.jp

『チョコレート工場の秘密』には、続編があるんです!
それが『ガラスの大エレベーター』です。
チャーリーとチョコレート工場のファンの方でも、知らない方もいたのでは?☆

チョコレート工場の秘密にて、チョコレート工場を任されたチャーリー家族が、ウォンカのガラスのエレベーターに乗って宇宙に飛び出してしまう…というお話。

全作よりもスケールアップした世界観とブラックユーモアに、またニヤついて楽しんでしまう、おすすめ小説です♪
ラストまで目が離せません!

ガラスの大エレベーター

¥1,296

販売サイトをチェック

独特の世界観とブラックユーモアに浸りたいときは、『チョコレート工場の秘密』がおすすめ!
映画でも小説でも、その面白さがたっぷり味わえますよ☆