意外と知らない!日本と世界の人口ランキング比較

LIFESTYLE

世界を人口に比較したランキングって、実はいろんなものがあるんです!
そんなランキングの中で、日本はどんな位置づけなんでしょうか?
調べてみました♪

世界人口ランキング―日本は第10位

まずは、総人口を比較した世界人口ランキング☆

第1位は中国の13億6000万人。
次いでインドの12億6000万人、第3位のアメリカ合衆国3億19000万人と続きます。
10億人を超えているのは、中国とインドだけなんですね。
気になる日本は第10位で1億2700万人。

他にTOP10入りしている国は、ブラジルやロシアなど国土面積が広いのですが、日本は小さな島国ながら人口が多いんです♪
これが先進国になった理由のひとつとも言われています。

世界都市別人口ランキング―東京が第1位!

国別の総人口ランキングでは第10位の日本ですが、世界の都市人口ランキングでは、なんと東京が第1位なんです!

人口は3780万人で、第2位の上海2290万人や、第3位のメキシコシティ2080万人を1000万人以上も上回っています


世界一都市人口の多い東京ですが、年々出生率が低下し続けており、2100年にはその人口は713万年まで減少すると予測されています。

世界若者人口ランキング―日本は第18位

世界人口白書では、若者人口ランキングも発表されています。

10~24歳の若者人口を国別にみると、第1位はインドの3億5530万人。
第2位に中国の2億7860万人、第3位にインドネシアの6600万人と続きます。

いま勢いのある国は、若者人口の増加も盛んなのですね。
日本はというと、第18位の1790万人。
少子高齢化社会が進んでいるのが世界的に見てもわかります……。

世界富裕層人口ランキング―日本は第3位!

資産100万ドル以上を富裕層と位置づけた「世界富裕層人口ランキング」が、アメリカのボストンコンサルティンググループから発表されています。

第1位のアメリカ690万人、第2位の中国361万人に続き、なんと第3位は日本の112万人。

不景気だと言われていたのはいつの時代…?
格差が広がっている結果なのかもしれません。ちなみに、世界における富裕層は、2019年までに46%までその割合を伸ばすと言われているそうです。

世界の人口別ランキングをみると、日本は人口も富裕層も多いのに、若者が少ないんですね。
意外なことが発見できる世界の人口ランキング、ぜひ他にも調べてみてくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。