ほくろが増えたら気をつけて!もしかしたら皮膚ガンかも…!?

BEAUTY

最近ほくろが増えたな…ってことありませんか?
「前は無かったのに、こんなところにほくろが!」
そんなことが起こったら、もしかしたらそれは皮膚がんかもしれません…。

どんどん大きくなるほくろは危ない!

「今までこんなところにほくろがあったっけ…?」と思ったら少し様子を見た方がいいです。
そしてその新しく増えたほくろが、徐々に大きくなっていったらそれは危険なほくろ!

ある人は、今までなかったトコロに急にほくろが出来て、そのまま放っておいていたら、半年後くらいで6mmほどの大きさまで成長してしまったそうです!
そして大きくなるだけではなく膨らんできたので、病院にいくと、診断はなんと皮膚がん…。

普通のほくろと思っていたのが、気づけば大きくなり実は皮膚がんの元だったということが判明したのです!

皮膚がんは全身に転移する!?

皮膚がんには沢山の種類がありますが、このほくろの皮膚がんはとっても危険!!

これは皮膚がんの一種メラノーマで、悪性の腫瘍です。
そのまま放っておくと、どんどん悪化するし命に危険があるかも…。
そしてこのメラノーマは全身に転移するとも言われています。

皮膚がんは転移しやすいと言われていますが、一度他のところに移ってしまうと治すのが難しくなると言われています。
だから早期発見が重要なのです!!

なんでほくろは大きくなるの?

この皮膚がんであるほくろ。
なぜ徐々に大きくなってしまうのでしょうか?

その理由は主に三つ。紫外線、摩擦、そして圧迫です。

特に一番危険なのが紫外線。
太陽を浴びてUVをそのまま受けてしまうことは、皮膚にとってはとても危険なのです。
メラサイト(色素細胞)が病変して皮膚がんになってしまいます。
そうなるとほくろは大きくなり皮膚がんへとつながるのです…!

ただのほくろ?それとも皮膚がん?

引用:www.sheknows.com

ほくろといっても色々あって、どれが危険なほくろかわかりませよね。
ではどのような状態のほくろが皮膚がんなのでしょうか?

正直な話、自分で見分けることはかなり難しいと言えます。
ちょっと大きくなったことに気づくこと以外、素人では判断できないのです。
しかし、病院に行き、専門家に見せれば一発でわかります!

今皮膚科に行けばほくろ診断というのがあり、お医者さんがしっかりとみてくれます。
ダーモスコープという表皮の内部まで見れる顕微鏡で、ほくろなのか皮膚がんなのか鑑別してくれます。

皮膚がんになるほくろの特徴は、色にムラがあるということ。ムラがあればそれは危険なほくろの一種です!

増えてゆくほくろが、単なる普通のほくろと思っていたらそれはとても危険!
大きくなったり膨らんできたほくろがあったら、すぐに病院にいきましょう。
皮膚がんは早期発見が大事。顔に出来る人も増えているので気をつけましょう♪