万能なオーガニックオイルでスキンケア!基本的な使い方をおさらい♪

BEAUTY

「オーガニックオイルって何にでも使えるっていうけど、具体的にどうやって使っていいのかわからない。」
という人のために、オーガニックオイルの基本的な使い方を紹介していきたいと思います♪

ゆり
ゆり
2015.08.12

基本的なオーガニックオイルの使い方①メイク落とし・クレンジング

出典:www.johnmasters-select.jp

オーガニックオイルを適量取り、肌の上にのせてマッサージするように、メイクになじませていきます。
そしてコットンでふき取るだけでOK!

メイクが濃いときはオーガニックオイルを塗った上に、蒸しタオルを乗せることで、毛穴にオイルがより浸透してメイクがするっと落ちますよ。

また、メイク落としに適しているオーガニックオイルの種類はアルガンやホホバなど。
乾燥をカバーしてくれる効果も期待できますよ♪

ARオイル(アルガン)

¥5,292

販売サイトをチェック

基本的なオーガニックオイルの使い方②美容液として使う!

化粧水を肌に染み込ませた後、お好みのオーガニックオイルを肌の上に薄く塗っていきます。

その後に少量を手のひら全体に広げてから、ハンドプレスでなじませていくと◎!
オーガニックオイルを塗り終わったら、必ずクリームを塗ってフタをするようにしましょう。

ニキビやシミが気になる人にはローズヒップのオーガニックオイルを使うのがオススメ♪
それぞれのオーガニックオイルの効果を知っておくことも大切です。

基本的なオーガニックオイルの使い方③オイルパックとして

お風呂に入っているときに試してほしいのが、オイルパックとしてオーガニックオイルを使用すること。

洗顔が終わった後の顔に、少し多めのオーガニックオイルを伸ばして上から蒸しタオルをして、4分ほど置きます。
そうすると、パックの代わりになるんだとか。
事前に化粧水をしておくと、更にオーガニックオイルが浸透するのでオススメですよ♪

また、カプセルタイプのオーガニックオイルを選ぶのもオススメ。
適量を使用できるだけでなく、酸化しにくいので是非試してみてくださいね。

基本的なオーガニックオイルの使い方④ヘアオイルとして

3つのオーガニックオイルを使ったスキンケア方法を紹介していきました♪
どうしても多く取って残ってしまったオーガニックオイルは、流してしまうのではなく髪の毛先につけて、傷んだ髪をツヤやかに仕上げましょう。

つけすぎるとベタベタしたウェットヘアになってしまうので、あくまでも残ったオーガニックオイルを使うようにすると◎
適度にしっとりとした髪の毛に仕上がりますよ♪

いかがでしたか?
スキンケアやヘアケアなど、幅広く使うことができるオーガニックオイル。
だからこそ基本的な使い方をマスターして、オーガニックオイルを味方につけてみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。