印象別で見るおすすめのチークの入れ方♪今日はどんな私になる?

BEAUTY

肌の血色感を出すために欠かせないチークは、同じ色でも入れ方一つで雰囲気を大きく変えることができます。
服装や会う相手に合わせながら、なりたい自分に変えることができたら嬉しいですよね。
そこで今回は、なりたい印象別におすすめのチークの入れ方を紹介いたします。

チークの入れ方にはポイントがあるって知ってた?

メイクをする女性

最近ではチークを使わないチークレスメイクが流行っていますよね。
ですが、チークがあるのとないのでは大きく印象が変わるので、「やっぱりチークがないと物足りない」と感じている女性も多いのではないでしょうか。

チークは顔の中で最も広い面積に入れるので、アイメイクやリップメイクと同じように顔の印象を大きく左右します。
そしてチークを入れることによって、血色をプラスして顔色を明るく見せたり、顔にメリハリをつけて立体的に見せたりすることができるのです。

また、色によっては引き締めて見せてくれるので小顔効果も期待できますし、細かいシミやソバカスなどもカモフラージュしてくれる優れもの♡

そして何と言っても、チークの入れ方によってキュートから色っぽい雰囲気まで、さまざまな印象を作ってくれるので、なりたい自分に近づくこともできます。
チークを活用しないだなんて勿体ないので、おすすめの入れ方をぜひチェックしてみてください。

基本的なチークの入れ方をおさらいしよう♡

メイクをする女性

印象別におすすめの入れ方を見ていく前に、まずはチークの基本的な入れ方をおさらいしておきましょう。

・チークの基本的な入れ方
①黒目の外側から下がったところと、小鼻と耳の中央を結んだところを起点にします。
②耳から指2本分は避け、目の下はほお骨がある高さまでにすることを意識しながら、チークブラシにチークをとり、ムラにならないようにティッシュや手の甲の上でクルクルさせて量を調節します。
③そして①の起点から斜めにサッとのせれば完成です。

リキッドやクリームタイプのチークであれば、手に取って手の甲で量を調節し、起点から斜めにポンポンポンと少し間をあけながら3点置きしましょう。
そしてスポンジでぼかすように広げていくといいですよ。

リキッドやクリームタイプであれば、ファンデーションによって使う順番も変わってくるので注意が必要です。
リキッドファンデーションならその後にチークをオンし、パウダーファンデーションなら先にチークをオンしてから使うようにしましょう。

【印象別】チークのおすすめの入れ方①キュートな可愛らしさを引き出したいとき

笑顔を向ける女性

ふんわりとしたキュートな印象になりたいときにおすすめなのが、チークを目の下あたりで丸く入れるやり方♡

・キュートなチークの入れ方
頬骨の高い位置を起点に、円を描くように丸く入れましょう。
分かりづらいときは、黒目の下を中心にしてみると、綺麗にチークを入れることができますよ。

また、慣れてきたら顔の中心寄りに入れるのもおすすめ!
少し中心に寄せるだけで、あどけなくて可愛らしい雰囲気がアップします。

ただし、チークの面積を広くしすぎたり濃くしすぎたりすると、顔が大きく見えたり少しまぬけな印象になったりしてしまうので、注意してくださいね。

【印象別】チークのおすすめの入れ方②ピュアでフレッシュさを出したいとき

女性の横顔

フレッシュかつピュアな印象になりたいときにも、おすすめの入れ方があります。
そのときのポイントは、チークを頬骨に沿って横長に入れること!

・フレッシュさのあるチークの入れ方
①チークの入れ方は、ブラシを寝かせてこめかみのあたりから顔の内側に向かって動かします。
②頬骨に沿って、斜め下方向に移動させるイメージで入れてみましょう。

黒目の下あたりまできたら、そのまま折り返して再びブラシをこめかみの方へ動かすのがポイントです。

これであっという間に、清楚さのある女性に変身できますよ。
往復させる分、濃くならないようにしっかりと手の甲で量を調節し、ふわっとスライドさせてみてください。

【印象別】チークのおすすめの入れ方③ナチュラルな血色感を出したいとき

振り向く女性

「チークは入れたいけど、悪目立ちするのも嫌」というときもありますよね。
そんなときにおすすめなのが、チークが悪目立ちせず、ナチュラルに溶け込んでいるような印象にする入れ方♡

・ナチュラルなチークの入れ方
①笑ったときに高くなる頬骨の位置から、顔の中心へチークブラシを動かします。
②そしてまた折り返すのですが、直線運動ではなく三角形になるように意識してみてください。

そうすることでナチュラル度が増し、かつ良いバランス感が生み出されますよ。

ナチュラルにしたいときも、濃くなりすぎないようにふわっとのせるのがポイントです。
クリームチークだと慣れていない場合、量の調節が難しいので、パウダーチークとチークブラシを活用するのがおすすめ!

【印象別】チークのおすすめの入れ方④クールな大人っぽさを引き出したいとき

ボブヘアの女性

大人っぽく、クールな印象にしたいときもありますよね。
そのときにおすすめなのが、少し低めの位置でチークを入れるやり方です。

・大人っぽくなるチークの入れ方
頬の高い位置よりも少し低めの位置を起点に、こめかみに向かって斜めに入れていきます。
このとき、楕円形のような入れ方をするのがおすすめです。

チークは入れる位置が高ければ高いほど、子供のようなあどけない印象になるので、低ければ低いほど、落ち着きのある印象になり、大人っぽい表情を引き出すことができますよ。
ただし、入れる位置が下過ぎると老けて見えるので、そこは注意しましょう。

海外セレブに大人っぽい印象の女性が多いのは、チークを低めの位置に入れていることが多いからなんだそう!

【印象別】チークのおすすめの入れ方⑤色気のある女性らしさを演出したいとき

赤リップの女性

大人っぽさとは少し違い、色気のあるコケティッシュな女性になりたいときにも、おすすめのチークの入れ方があります。

・色気のあるチークの入れ方
①頬骨の高い位置から、こめかみに向かってやや長めに、そしてシャープな感じで入れていきましょう。

チークは基本的に薄めが好ましいですが、いつもより少し濃いめに入れてあげると、個性的で小悪魔な印象をアップさせることができますよ。

ただ、チークを濃くするなら、他のポイントメイクが濃くなりすぎないように注意するのがポイント!
メイクは顔全体のバランスも大切なので、入れ方だけでなく全体も見ていきましょう。

【印象別】チークのおすすめの入れ方⑥品のある上品な印象にしたいとき

口元を隠す女性

パーティーや飲み会、仕事などで上品に見せたいときもあるでしょう。
そんなときも、チークの入れ方を変えて印象を操ってみて!

・上品なチークの入れ方
①頬骨の高い位置よりやや下の位置を起点に、チークを平行に入れてください。
②そして何も付いていないチークブラシで、平行に入れたチークの境目をぼかすと、ナチュラルな仕上がりになるのでおすすめです。

このとき広い範囲に入れる場合は、境目が目立たないようにちゃんとぼかしてあげることが大切になります。

耳の横から小鼻に向かって、やや平行に入れるのも上品な仕上がりになるので、やりやすい方の入れ方で品のある大人顔を演出してみてください。

【印象別】チークのおすすめの入れ方⑦丸顔を大人っぽく見せたいとき

ナチュラルメイクの女性

あごが丸く、頬がふっくらとしているのが特徴の丸顔さんは、可愛らしい印象が強いので、チークの入れ方によってはもっとあどけなくなってしまうことも……。
丸顔でも大人っぽい印象に仕上げたいなら、先ほどご紹介した大人っぽい入れ方ではなく、他の入れ方をするのがおすすめです。

・丸顔を大人っぽくするチークの入れ方
①チークをチークブラシにとり、量を調節したら目頭の下より少し外側におきます。
②そこから頬骨の一番高いところまで横にスライドさせ、さらにそこからジグザグに動かしながら小鼻の横あたりまで移動させます。
③最後にティッシュオフして自然に馴染ませましょう。

下に向かうほどチークの横幅を狭くしていくのがポイントですよ。
チークによって縦ラインが強調されることで、丸顔さんでも大人っぽくなれます。

【印象別】チークのおすすめの入れ方⑧面長を大人可愛く仕上げたいとき

振り向く女性

顔の縦ラインが長く、大人っぽい印象が強めの面長さん!
チークを入れてもクールな印象になってしまうことがあるのですが、ここも入れ方を工夫すれば大人可愛い雰囲気にすることができますよ。

・面長を大人可愛くするチークの入れ方
①パウダーチークを人差し指の第1関節部分に取ります。
②目の下から指1本分あけ、頬骨の上で黒目の外側と目尻の真ん中に指先がくるように人差し指を斜めに置きます。
③そのまま下方向に、スタンプを押す感覚でポンポンとつけながら、ひし形をイメージして入れるのがおすすめです。

ひし形の角に向かうほど、淡くなるようにぼかすのがポイントですよ。

【印象別】チークのおすすめの入れ方⑨ベース型を女性らしく見せたいとき

目を伏せる女性

ベース型さんは、エラが張っているのが特徴で、顔が大きく見えてしまったり、男性的な印象に見られてしまったり……。
チークの入れ方でフェイスラインをカバーしながら女性らしさを引き出すのがおすすめですよ。

・ベース型を女性らしく見せるチークの入れ方
①頬の中央からやや斜めに、こめかみに向かって楕円形に入れてください。
②そのままエラの部分にも滑らせることで、エラが強調されずに優しい雰囲気に仕上げることができますよ。

ポイントはエラ部分にも滑らせること!
ここがあるだけで、エラの存在を中和することができます。

【印象別】チークのおすすめの入れ方⑩逆三角形の印象を柔らかく見せたいとき

香水を持つ女性

逆三角形さんは、あごに向かってシャープになるフェイスラインが特徴で、骨っぽさがでてしまいがち……。
クールできつめな印象に見られることが多いようですが、チークの入れ方を意識すれば親しみやすい印象にすることができますよ。

・逆三角形を柔らかい印象にするときのチークの入れ方
笑うと高くなる位置を中心にして、円を描くように丸くふんわりと入れましょう。

すると輪郭に丸みを持たせることができ、シャープな印象をカバーすることができますよ。
デートなどで優しい印象に仕上げたいときにおすすめです。

印象別で見るおすすめのチークの入れ方をご紹介しました。
いつも同じメイクばかりしていれば、マンネリしてしまうときもありますよね。
でも新しいチークを買うことができない場合は、なりたい印象別にチークの入れ方を変えてみて!
同じチークの色でも雰囲気が違って見えてくるので、新しい自分に出会えますよ。