今日はどんなイメージにする?タイプ別チークの入れ方講座♡

同じ色のチークでも、入れ方1つで顔の印象を大きく変えることができます!
服装や相手に合わせて自分の顔をかわいらしく、女性らしく変えることができたら、便利ですよね?
ここでは、そんなタイプ別のチークの入れ方を紹介したいと思います♪

キュートなかわいらしさを引き出すためのチークの入れ方…♡

ふわふわとしたキュートな印象になりたい方は、チークを目の下あたりで丸く入れると◎

顔の中心寄りに入れることで、かわいさが増します♡入れ方は、頬の中心から外側に向かって、丸を描くようにのせましょう。

濃すぎると少しまぬけな印象になってしまうので、注意してください!黒目の下を中心だと考えてやると、綺麗にチークを入れることができますよ♪

ピュアなフレッシュさを演出するためのチークの入れ方…♡

フレッシュかつピュアな印象にしたい方は、チークを頬骨に沿って横長に入れると◎

チークの入れ方はブラシを寝かせて、こめかみのあたりから顔の内側に向かって、頬骨に沿ってブラシを動かします。
ブラシを斜め下方向に移動させる意識を持ってください☆

黒目の下あたりまできたら、そのまま折り返して再びブラシをこめかみの方へ動かしましょう♪これで少し幼顔に♡

大人の女性の色気を出したい方のチークの入れ方…♡

女性らしさを出したい方は、少し低めの位置に楕円形のような入れ方をすると◎

チークは入れる位置が高ければ高いほど、子供のようなあどけない印象になります。
そこで入れ方としては、少し落ち着きのある印象になりたい方は、チークを頬骨の下に入れるのがオススメ☆

海外セレブは、多くの人がチークを低めに入れているので、大人な印象の人が多くなっています!

チークが主役ではなく、ナチュラルな印象になりたい方のチークの入れ方…♡

チークが悪目立ちせずに、溶け込んでいるような印象にしたい方は、笑ったときに高くなる頬骨の部分から、顔の中心へとブラシを動かすと◎

この時の入れ方は、直線運動ではなく三角形になるように入れると、ナチュラル度が増し、かつ良いバランス感が生み出されます♡

笑ったときに高くなる部分から、ブラシを横に動かし折り返します。そして斜め下にブラシを動かしてまた折り返します。これでナチュラル顔に♪
いかがでしたか?いつも同じメイクをしていて、顔がマンネリ気味…でも新しい化粧品を買うお金が無い!
そんな方は、ぜひ1度チークの入れ方を上記の4つを参考に、変えてみてください☆

メイク チーク 入れ方 印象 ビューティー

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

りさこ

>もっとみる