失礼にならないように!葬儀の服装マナーを紹介します

葬儀への参加は突然です。近しい間柄であればあるほど、余裕がなくなってしまうもの。
いざという時に備え、決して失礼のないよう、葬儀の服装マナーをご紹介します。

葬儀の服装マナー①喪服は購入しておきましょう

item.rakuten.co.jp

葬儀の服装マナーとして、必ず一着は持っていて欲しい喪服。

学生であれば学生服での参列でも良いです。
「喪服」とは参列する側が故人を偲ぶための正装のことです。葬儀には仮通夜や通夜、本葬や告別式と数日に分けられる場合があります。
どんな時であっても喪服であれば問題はありません。

紳士服販売店や大手量販店で販売しています。一式という形で販売しているので、大人のマナーとして一式は準備しておきたいです。

葬儀の服装マナー②仮通夜や通夜時の服装

you-know-m.com

葬儀の服装マナーとして、仮通夜の場合です。

仮通夜は故人が亡くなった直後行われます。
突然の不幸に急いで駆けつけるため地味な(黒・グレーなど)平服でもかまいません。

通夜の場合も仮通夜同様急いで駆けつけたといった意味も含みますが、よほどの理由がない限りは喪服などのブラックフォーマルを着用することがマナーです。

葬儀の服装マナー③葬儀や告別式

item.rakuten.co.jp

葬儀の服装マナー、葬儀・告別式の場合です。

葬儀や告別式では基本的に喪服のブラックフォーマルです。
肌もなるべく見せないことがマナーです。夏場でもできるだけ長袖や五分袖以上にします。ストッキングも黒色を着用し、パンプスも黒にします。

パンプスも夏場であっても必ずかかとまであるものにします。冬場はコート、手袋、マフラーの防寒具も、なるべく黒や地味目なものにします。

葬儀の服装マナー④アクセサリーやバッグについて

www.first-film.com

葬儀の服装マナー、アクセサリーやバッグについてです。

アクセサリーは結婚指輪程度、冠婚葬祭用のブラックパールのみ着用可能です(この場合ネックレスなどは1連にします)。
メイクも薄くし、濃い色は厳禁です。ネイルなども必ず落として参列します。

髪はなるべく結び、黒いゴムやヘアピンで清潔にまとめましょう。
バッグも同じく黒でマットなタイプのものです。冠婚葬祭用のものを準備するのがマナーです。
いかがでしたか。いざという時、慌てないためにも覚えておいたほうがいい葬儀の際の服装マナーをご紹介致しました。
悲しみにくれているご遺族のためにも、しっかりとマナーを守り参列しましょう。

マナー 葬儀 服装

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

長澤麻衣子

ファッション、料理、書くこと、読書好き。世界平和を願う女子★

>もっとみる