早めに知っておく!葬式における香典の書き方のマナーとは

LIFESTYLE

葬式時の香典の書き方マナーを知っていますか?葬式への参列は常に突然です。あらかじめ正しい知識を知っておくと、必ず役に立ちます。読んでみてくださいね。

葬式における香典マナー①香典って?

葬式における香典マナーですが、そもそも香典とは何でしょうか?

突然の不法を受け、通夜や葬儀のいずれかに持参する「香典」。
仏式等の葬儀では故人へお線香やお花の代わりに供える現金のことです。

葬式とは突然なので県外などすぐに駆けつけることのできない場合は郵送で弔電を打ち、現金書留で送ります。その場合は行けなかった旨を手紙で一筆添えるようにします。

葬式における香典マナー②必ず薄墨の筆ペンを使用します

葬式における香典マナーとして、必ず薄墨の筆ペンを使用します(悲しみの涙で薄まりましたという意味があります)。

香典の表書きの一つとして「御霊前」「ご霊前」が使用されます。
通夜や葬儀の際、相手方の宗教がわからない場合多く用いられています。

仏教の場合は「御霊前」以外にも「御香料」や「御香典」があります。
水引きは白黒の結び切りを選びましょう。

葬式における香典マナー③連名の場合

葬式における香典マナーとして、名前が個人でなく、連名で渡す場合も覚えておきましょう。

3名までの場合は目上の順に右から記載します。
中袋の金額は必ず連盟分です。しかし中袋へは代表者のみ住所を書きます。

喪主が香典返しの際気を使わないよう、「香典のお返しは無用願います」と必ず書きましょう。
人数が4名以上の場合は「○○同級生一同」など団体名の名称を書きます。
別紙を添えて全員の名前を書き中袋へ同封しましょう。
前記と同じく、「香典のお返しは無用願います」などの一言は必須です。

葬式における香典マナー④中袋の書き方

葬式における香典マナー、現金を包む中袋の書き方です。

中袋には住所・氏名・金額を必ず筆ペンで書きます。
金額は漢数字(壱=一、弐=二、参=三、阡=千、萬=万、圓=円)で書きます。
住所も正式名称で県名から書き、郵便番号もきちんと記入しましょう。

慌ただしい中、喪主側が確認することを考え、管理しやすいよう表袋、中袋ともにしっかりと記入しましょう。

葬儀の香典マナーは理解いただいたでしょうか。香典の表書き、中袋への書き方、それぞれにルールやマナーがあります。いざという時慌てないよう、正しい記載方法をしっかりと覚えておきましょうね。