女子の化粧も面接のマナー!身だしなみのメイクって?

就職活動をする中で化粧も面接時の大事なマナーです。
普段のセルフメイクではいけないことはわかるけど、正解って…?と迷われている方、ぜひ一度読んでみてくださいね。

面接での化粧マナー①《メイクのポイント》

data.whicdn.com

面接時の化粧マナー、濃い化粧はダメですが、薄ければいいということでもありません。

理想は目元、口元のパーツはキレイに主張し、ベースは薄づきでフレッシュさの残る自然な仕上がりに。
頬は血色よく、蒸気したピンクで健康的な色がいいでしょう。

濃いと近寄りがたい印象になり、薄いと不健康で元気のないイメージとなります。
下記でパーツごとに紹介しているので、目を通してみてくださいね♪

面接での化粧マナー②《アイメイクはどこまでOK?》

biyouburogu.wp-x.jp

面接時の化粧マナーとして、最も印象に残る“アイメイク”。

眉毛は髪の色に合わせ、やや太めのアーチ型にします。
細く書いてしまうと、きつい印象になってしまうので要注意!

目元には瞳の上下際にアイラインを入れます。
普段メイクでしたら目尻を跳ね上げ猫目ラインもOKですが、今回はビジネスシーンの目力アップなのであくまで薄くいれましょう。
マスカラを塗り、パッチリと仕上げます。

面接での化粧マナー③《チークのポイント》

data.whicdn.com

面接時の化粧マナー、チークですが自然で健康的な印象に仕上げるために、ピンク系かピーチ系がよいでしょう。
色が濃くついてしまうと、一気にビジネスメイクから遠のいてしまいます。

頬の一番高い位置から、耳に向かって楕円形にチークを入れます。
しっかり目に色を入れるのがトレンドですが面接では「薄すぎるかな?」と感じるような、ほんのり色づく程度がベストです☆

面接での化粧マナー④《ルージュマジックで血色◎》

data.whicdn.com

面接時の化粧マナーとして口紅でしっかりと締めましょう。
普段はグロスなどしか使用しない方は、これを機会に口紅を1本購入してみてはいかがでしょうか。

口紅は一気に顔色をあげる仕上げです。
肌なじみの良いベージュピンクから試してみましょう。

社会人になりたては化粧直しをする余裕があるかもわかりません。
できれば食事をしても落ちにくいタイプのものが良いでしょう◎
いかがでしたか。
面接では化粧もマナーに入るなど女性はいろいろと気が抜けないですね。
正しい化粧法を身につけて、普段の化粧とメリハリをつけて楽しんでくださいね★

マナー 面接 化粧

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

長澤麻衣子

ファッション、料理、書くこと、読書好き。世界平和を願う女子★

>もっとみる