女性は気をつけたい。マナーを守ったスーツの着方とは?

LIFESTYLE

就職活動を視野に入れると、まず必要なことがマナーを守ったスーツの着方です。
あなたはスーツを自信を持って着ることができますか?
胸を張って堂々と面接に行けるよう、一通り目を通してみてくださいね。

知っておきたいスーツの着方とマナー①パンツとスカートどちらが正解?

スーツの着方とマナーとして、悩む方の多いスカートかパンツかという選択。
どちらが正解?と題目を置いているのですが、好みで構いません。

しかし、就職活動の中では、訪問企業のイメージに合ったものがよいでしょう。
やはりイメージとして、スカートには「真面目」「おしとやか」という印象。
パンツスーツの女性であれば「活発」「自分の意思がありそう」という印象になります。

細やかな配慮を必要とされる秘書や事務職であればスカート、営業や技術職であればパンツスーツといった使いわけも、良いかもしれませんね。

知っておきたいスーツの着方とマナー②サイズ感はとっても大事

パンツかスーツか決まったら、スーツの着方マナーとして、サイズです。

これは体に合ったジャストサイズで着用しましょう。
就職活動中は動きやすさを重視に考えがちですが、肩幅や袖の丈、スカート、パンツの丈ともにぴったりのものにします。

サイズが大きいとだらしなく見えますし、小いものをパツパツに着るのも、見栄え的にもNGです。
長く着用できることを考えると、オーダースーツも1着持っていてもいいかもしれません。
自分の体の大きさにあったスーツは、特別感で自信が持てそうですよね♪

知っておきたいスーツの着方とマナー③スーツとシャツの正解

スーツの着方のマナーとして、サイズ感の次はジャケットやシャツの細々としたこと。

まず、ジャケットにはポケットがついていますが、ここへは何も入れません。
ハンカチなどは鞄に入れましょう。

そしてボタンはすべてきちんと留めておきます。
次にシャツですが、同様にボタンはすべて留めます。
シャツの色は必ず白、カフスボタンは使用してはいけません。

知っておきたいスーツの着方とマナー④バツグやハンカチは落ち着いた色合いのものを

引用:wear.jp

最後となるスーツの着方マナーですが、付属のバッグや靴、また必須アイテムのハンカチや文房具などは、すべて落ち着いた色合いのものにします。

スーツはたいてい黒なので、あわせて黒や茶色といったものが合います。
必ずビジネスシーンで使用する角のしっかりとしたマチの広い、自立するタイプのものにしましょう。

ブランドものは派手な印象を与えてしまうので、おすすめできません。

いかがでしたか?
スーツの正しい着方やそのマナー確認のためにもぜひ読んでくださいね。
大人数が受ける就職面接では、スーツの色合いなどで目立ちたいという方もいるかもしれませんが、個性は入社後仕事ぶりで発揮しましょう!
までは清潔感と実直さをアピールしてみてくださいね★