おすすめ小説!フィッツジェラルドの華麗なるギャツビー

LIFESTYLE

映画「華麗なるギャツビー」の原作である「グレート・ギャツビー」を書いたのが『フィッツジェラルド』です!
フィッツジェラルドの魅力・おすすめの小説をご紹介したいとおもいます☆

おすすめの小説家!フィッツジェラルドの生涯★

フィッツジェラルドは、アメリカ北西部のミネソタ州のセントポール州で生まれています☆
1917年、大学に通っていたフィッツジェラルドは、大学を中退して陸軍へと入隊。

この、陸軍で訓練中に、のちの妻になる「ゼルダ・セイヤー」と出会いました♡
かなりの美女だったそうで、二人はすぐに恋に落ちました♪

そして1925年に出版された長編小説が、『グレート・ギャツビー』です。
フィッツジェラルドはこの作品によって、1920年代のアメリカの象徴として、20世紀アメリカ文学作家の仲間入りを果たしたといえます。

その後、フィッツジェラルドは、家族のため生活費を稼ごうとハリウッドで脚本家の仕事をしたりしていましたが、アルコールの影響もあり、1940年に心臓麻痺で他界しました。

では次は、フィッツジェラルドのおすすめ小説をご紹介します♪

フィッツジェラルドのおすすめ小説「グレート・ギャツビー」!

引用:www.amazon.co.jp

フィッツジェラルドを代表する、おすすめ小説といえば、【グレート・ギャツビー】と言って間違いありません!

しかし、この作品は発表当初はあまり支持されずにいました。
彼の死後に、世紀の名作と評価を受けることになったのです☆
実際、Modern Libraryが発表した「20世紀最高の小説」というランキングで、第2位にランクイン!

主人公のニック・キャラウェイは、大豪邸に住んでおり、毎晩豪華なパーティーを開催している隣人に興味をもっていました。
そんな隣人ジェイ・ギャツビーに、自信もパーティーに誘われ参加しますが、ますますギャツビーという男に興味を持ちます。
そして、その後さらにジェイ・ギャツビーが胸の奥に秘めた思いを知ることとなります…。

最後まで目が離せない、おすすめ小説です!

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

¥886

販売サイトをチェック

小説がおすすめなだけじゃない!フィッツジェラルドが起こしたフラッパーブーム☆

フィッツジェラルドのおすすめ小説、「グレート・ギャツビー」の中で描き出したのが、『フラッパー』と呼ばれる女性たちです。
フラッパーとは、「新しい若い女性」を表すスラングで、それまで女性らしいとされていたファッションや行動ではない、新しい流行を取り入れた女性たちのことをいいます!

フラッパーな女性は、「膝が見えるスカート」「ショートボブのヘアスタイル」「濃いメイク」「強いお酒を飲む」「喫煙」「性交渉」「ドライブ」など、今まで女性としてするべきではない、と言われたことを、あえて好んでやっていました。

今の時代では、個性として当たり前のような気がしますが、1920年代当時では、とても新しいことだったんですね♪
フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」は、このフラッパーの象徴とも言えるおすすめ小説となっています!

フィッツジェラルドのおすすめ小説「グレート・ギャツビー」は何度も映画化♪

引用:www.amazon.co.jp

フィッツジェラルドのおすすめ小説「グレート・ギャツビー」は、本当に多くの人たちに影響を与える小説となり、たくさんの舞台化や映画化がされている作品です♡

中でも記憶に新しいのが、2013年に公開された、レオナルド・ディカプリオ主演の『華麗なるギャッビー』でしょう。
見た方も多いのではないかと思います☆

ジェイ・ギャツビーを「レオナルド・ディカプリオ」が演じ、ニック・キャラウェイを「トビー・マグワイア」が演じました。
豪華で派手なパーティーの様子や、当時の生活様式など、惹きつけられる映像が盛りだくさん♪

フィッツジェラルドの世界を知るには、手を出しやすいおすすめの作品です!

華麗なるギャツビー(字幕版)

¥199

販売サイトをチェック

フィッツジェラルドの魅力・おすすめの小説をご紹介しました!
「グレート・ギャッツビー」かなり面白い小説なので、絶対におすすめ出来ます。
色褪せない名作です♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。