とってもユニーク!カート・ヴォネガットのおすすめ小説

LIFESTYLE

絶望や皮肉、そして愛情を、ユーモラスなタッチで描き人気となった、「カート・ヴォネガット」をご存知でしょうか?
あまり詳しくない方のためにも、カート・ヴォネガットのおすすめ小説をご紹介します♪

カート・ヴォネガットのおすすめ小説①タイタンの妖女

出典:www.amazon.co.jp

カート・ヴォネガットのおすすめ小説、1作品目は、【タイタンの妖女】です!
この小説は、1959年に出版されました。

SF要素の小説の中にも、「自由への意思」「全能感」「歴史問題」などのテーマが盛り込まれています☆

お笑い芸人の「爆笑問題 太田光」さんが、カート・ヴォネガットのファンらしく、彼が所属する事務所、「タイタン」も、このカート・ヴォネガットの作品「タイタンの妖女」から名づけたそう♪

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)

¥821

販売サイトをチェック

カート・ヴォネガットのおすすめ小説②猫のゆりかご

出典:www.amazon.co.jp

カート・ヴォネガットの2作目のおすすめ小説は、【猫のゆりかご】という作品です。

こちらもSF小説のようになっていますが、宗教・戦争・科学など、様々な出来事を風刺しながら、作品が進んでいきます!

主人公は架空の人物、フェニックス・ハニカーというノーベル賞作受賞者。
彼が作り出した、「アイス・ナイン」と呼ばれる物質がもたらすさまざまな出来事が、描かれていきます!
ドキドキわくわくするカート・ヴォネガットのおすすめ小説です。

猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)

¥799

販売サイトをチェック

カート・ヴォネガットのおすすめ小説③スローターハウス5

出典:www.amazon.co.jp

カート・ヴォネガットのおすすめ小説の3作目は、【スローターハウス5】という1969年に出版された小説です☆

カート・ヴォネガットが実際に目撃した、第二次世界大戦での、ドレスデン爆撃がこのお話のスタート地点になっています。
この作品が出版されるまでは、ドレスデン爆撃はあまり知られていませんでしたが、「スローターハウス5」という作品を通し、広められることとなりました!

出版から1年後の1970年には、「ヒューゴ賞」を受賞した名作小説です。

スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)

¥778

販売サイトをチェック

カート・ヴォネガットのおすすめ小説④チャンピオンたちの朝食

出典:www.amazon.co.jp

カート・ヴォネガットのおすすめ小説、4つめ最後の作品は、【チャンピオンたちの朝食】です!

この小説は、多くの作品を書きながらも、なかなか目が出ない作家「キルゴア・トラウト」のもとに届いたアートフェスティバルの招待状。
この出来事が、キルゴア・トラウトの運命を変える、大逆転を迎えることとなります♪

小説【チャンピオンたちの朝食】の特徴は、カート・ヴォネガット自身が書いた挿絵が入っているというところです!
今回も、差別問題や環境問題など、さまざまなテーマが盛り込まれた作品になっています。

チャンピオンたちの朝食

¥600

販売サイトをチェック

カート・ヴォネガットのおすすめ小説を4作ご紹介させていただきました!
どれか興味のある作品はありましたか?
いい意味で今までにない作風のカート・ヴォネガットの小説なので、ぜひご覧になってください♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。