原作小説もおすすめ!ルイス・キャロルのアリスをチェック

LIFESTYLE

「ルイス・キャロル」という人物をご存知ですか?!
ルイス・キャロルは、女子ならみんな大好きな「不思議の国のアリス」の原作者なんです♡
そんなアリス好きな女子におすすめの情報をご紹介します♪

アリスで有名♡おすすめの小説家ルイス・キャロルの生い立ち

引用:d.hatena.ne.jp

ルイス・キャロルは、女7人・男4人の11人兄弟の3番目として生まれています。
ルイス・キャロルというのは、作品を書くときのペンネームで、本名は「チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン」。

ドジソン一族は、軍人か聖職者というイギリスの上層中産階級にいる家族でした。
ルイス・キャロルの父も、聖職者として出世している人物です☆
ルイス・キャロルは、オックスフォード大学に通い、数学に対して天才的な才能を見出しています。主席の成績を2度とったことあるほどなんです!

教師からは、「こんなに優秀な学生は見たことがない」と言われるほど、将来を有望視されていました。
のちに、数学の書籍も発表しています♪

この大学在学に、女子へのおすすめの小説、「アリス」が誕生するんです♡

おすすめの小説!ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」が出来るまで♪

引用:www.allposters.co.jp

大学に在学中、ルイス・キャロルは様々な小説や詩を書き、雑誌に掲載されています。
しかしルイス・キャロルは、子供向けの作品で収入を得たい、と考えていたため、まだまだ高みを目指している最中でした。

ここでルイス・キャロルの運命を変える出来事が起きました!
学生寮の寮長が、妻子を伴って転任してきたのです!
この子供たちというのが、のちにアリスのモデルとなる「アリス・リデル」でした♡

ルイス・キャロルとアリス・リデルを含む3人の姉妹は、いつもよく遊ぶ仲になり、ある日ピクニックに出かけます。
その途中に、アリス・リデルに話したお話が、「不思議の国のアリス」のもととなる物語だったのです。

それをアリス・リデルに、本にしてほしいと頼まれ、書き起こしたのが、「地下の国のアリス」と題が付けられて作品でした♪
「親愛なる子へのクリスマスプレゼントとして、夏の日の思い出に贈る」と書かれた、手書きの本がプレゼントされたそうです♡

ルイス・キャロルおすすめ小説☆その1「不思議の国のアリス」

引用:www.amazon.co.jp

ルイス・キャロルおすすめ小説のひとつめは、やはり『不思議の国のアリス』で間違いありません!
アリス・リデルに話した即興のお話が、まさか後世にまで受け継がれる不朽の名作になるとは、本人でさえわからなかったでしょう♪

「不思議の国のアリス」を正式に出版するにあたって、アリス・リデルに贈った「地下の国のアリス」の物語を手直しし、「チェシャ猫」や「狂ったお茶会」のストーリーを付け加えたそう。

その後の「不思議の国のアリス」の大ヒットは、言うまでもありませんよね♡
いまでは、全世界の女子から愛される小説になっています。

不思議の国のアリス (角川文庫)

¥473

販売サイトをチェック

ルイス・キャロルおすすめ小説☆その2「鏡の国のアリス」

引用:www.amazon.co.jp

ルイス・キャロルおすすめ小説のふたつめは、『鏡の国のアリス』です☆
この「鏡の国のアリス」という作品は、前作の「不思議の国のアリス」の物語の続編にあたります。

前作では不思議の国を冒険したアリスですが、本作では、鏡を通り抜けた世界に迷いこむ、というストーリー。

前作は即興で作ったお話がもとになっていたため、粗削りなストーリー展開な部分もあります。
ですが「鏡の国のアリス」は、出版を意識して作られた作品で、とても知的なストーリー展開になっています♪

鏡の国のアリス (角川文庫)

¥518

販売サイトをチェック

ルイス・キャロルの、おすすめ小説をご紹介しました。
「不思議の国のアリス」は、名作ですよね。
ディズニーのイメージがあるかと思いますが、ぜひ原作も読んで見てください♪