トイレがつらい。膀胱炎になってしまったときの対処法

LIFESTYLE

今回は膀胱炎(ぼうこうえん)のお話し。
なぜ膀胱炎?とお思いでしょうが、実は女性にとってとてもポピュラーな病気なんです。
膀胱炎の基礎知識をお勉強しておきましょう。

20代~40代に多い(急性)膀胱炎とは…

今回は膀胱炎(ぼうこうえん)の中でも"急性膀胱炎"に着目してお伝えします。
膀胱炎というと、私も調べる前までは、尿意を我慢することで起きる病気だと思っていました。
しかしそうではないんです!

✔トイレに行く回数が増える
✔残尿感
✔すぐにトイレに行きたくなる
✔排尿前or後に傷口がしみるようなヒリヒリした痛みが伴う
✔尿が濁っている
✔血尿

こんな症状も膀胱炎なんです。

急性膀胱炎の原因は…

ではなぜ20代~40代の女性に多いのでしょうか。
いくつか原因は考えられますが、特に今回フォーカスしたい原因が"性交"によるもの。
(その他に生理や妊娠も原因として挙げられます。)

性交により尿道にばい菌が侵入して膀胱炎になってしまうそうなんです。
女性は男性に比べて尿道がとても短いんです。
女性の平均が4㎝なのに対して、男性は15㎝ほど。
よって、女性の方が膀胱炎にかかりやすいといえます。

性交前にシャワーを浴びなかったり、手を洗わずにデリケートゾーンに触れられると、かかる可能性は高くなります。
清潔な状態で彼との時間を楽しむのがベストです。

膀胱炎は放っておかない!

膀胱炎はほうっておくと危険な病気に発展する恐れがあります。
腎盂腎炎(じんうじんえん)というもので、最悪の場合、命にかかわる危険性も…。

そうならないためにも膀胱炎かな?と思ったら、市販薬でもいいので食い止めることがおすすめ。
膀胱炎は、人によっては再度起こりやすい病気なので、できるならお医者さんにかかることが好ましいです。

市販薬を購入する場合は、薬剤師さんに一度相談してみることをおすすめします。
症状や原因、服用している薬があるならその旨を伝えましょう。

膀胱炎のセルフ対処法

市販薬を飲んだり、お医者さんに診てもらうだけでは病気って治らないものです。
各自で心得ておくセルフケアが大切になってきます。
ここでは膀胱炎に関するセルフケアをまとめておきます。

◎水をたくさん飲んで排尿する
水を飲み、排尿することで、尿道の細菌が流れていきます。

◎クランベリーを摂取する
クランベリージュースやサプリメントを摂りましょう。クランベリーは最近が膀胱の壁に付着するのを防いでくれる効果があるとわかっています。

◎ビタミンCを摂る
ビタミンCは膀胱炎の再発を防止してくれるはたらきがあります。再発しやすい人は日ごろから摂取しておきましょう。

♡性交前後は必ずシャワーを浴びる
♡性交後は排尿する(侵入した細菌を流し出すことができます。そのためには性交前にお水を飲んでおくといいですよ。)
♡コンドームは必ずつける(あらゆる感染症を防いでくれます。)

女性の5人に1人がかかるといわれている膀胱炎。
女性の体の仕組み上、誰がかかっても不思議ではない病気です。
日頃から気を付けられることは注意しておくといいですね◎