「無理しているかも…」見栄っ張りな性格を改善する4つの心掛け

LIFESTYLE

「私見栄っ張りかも…」自分が見栄っ張りだと、悩んでいる人居ませんか?
見栄を張ることは決して悪いことだけではありませんが、見栄を張って生活するのは疲れませんか?
見栄っ張りを改善する4つの心掛けをご紹介します♪

[ "見栄っ張り"な性格を改善する心掛け① ]ムリに目立たない

まずは、ムリに目立つのをやめてみる。
目立つというのは服装などの身なり、所持品、内面だと自慢話などです。

服装はムリに流行りのハイブランドを、身に着けたりはしない。個性を大切にして欲しい♡

そして自慢話。
自慢話って話している側は、自分が相手より優位に立っている気分なのかもしれませんが、聞いている側は「こんな人になりたくないな」くらいにしか思っていません。
なので要注意です。

[ "見栄っ張り"な性格を改善する心掛け② ]群れない

どうして見栄を張ってしまうか考えてみましょう。
それは、人と比べているからではないでしょうか。

見栄っ張りを改善するには、群れないのは効果的だと思います。
いつもグループでつるんでいませんか?
女子グループは周りの人に聞く話だと、競い合ったり、嫉妬したり…というグループもあるそう。

もしそういうグループに居るなら、たまには一人で行動してみるのもおすすめです♪

[ "見栄っ張り"な性格を改善する心掛け③ ]マジメ過ぎなくていい

見栄っ張りな人は真面目過ぎるのかもしれません。
「○才なんだから、このくらいのものを持たなきゃ」とか、年齢や肩書きに左右され過ぎてしまっているのかも。

また見栄っ張りな人は、自分を守りたいという思いが強い人も居ると思います。
見栄を張ることで、自分を強くカッコよく見せたり、人に合わせることで自分を守る…。

時としてはそれは必要なコトです。
ただ、度を越した見栄っ張りなら改善を勧めます♡

[ "見栄っ張り"な性格を改善する心掛け④ ]器の大きな人になる

見栄を張っていなくても、すごいなと感じる尊敬できる人はたくさんいますよね。
そんな魅力を感じる人達に共通しているのが、器の大きさ。

何でもかんでも相手より優位に立ちたい!と思っている人を見ると、器の小ささそして見苦しく感じます。

相手を尊重することが、自分も魅力的になる一歩。
自分自分!とならずに、相手の気持ちを考え、尊敬の気持ちを持ちましょう☆

見栄っ張りを改善する4つの心掛けでした。
見栄を張ることは自分を奮い立たせ、向上心が生まれるという人もいます!
でも、見栄を張ることに疲れたら改善してみて下さい♪