ダイエット中でも太りにくい食材とは?賢く取り入れてストレスフリー♪

BEAUTY

ダイエットの基本であり、成功の秘訣になるのは、やはり食事制限と適度な運動です。
だからこそ、「間食はいけない」「食べすぎちゃダメ」と思っている女性も多いですが、我慢し続けるとストレスも溜まってしまいますよね。
そこで今回は、ダイエット中に食べても太りにくいといわれているおすすめの食材をご紹介いたします。

ダイエット中に食べても太りにくい食材は存在するの?

体重計を持つ女性

多くの女性が一度は取り組むであろうダイエットは、女性にとっての永遠のテーマ!
理想の体型を目指して日々頑張る女性が多くいますが、やはりダイエットには空腹との闘いもやってきますよね。

我慢してストレスが溜まっているときや、生理前などでホルモンバランスが乱れているときは、特に食べたい衝動に駆られる女性も多いのではないでしょうか。
そのとき、皆さんはどうしていますか?
我慢し続けることもさらにストレスになりますし、そこで本能のまま食べてしまってもカロリーオーバーになって努力が台無しになってしまうことも……。

そこでダイエットを頑張っている女性の皆さんに朗報です。
実は、いくら食べても太りにくい食材がこの世に存在します。
野菜のイメージが強いかと思いますが、その他にもいろいろあるので飽きずに食べることができますよ。

そして太りにくい食材を選ぶことができれば、ストレスをため込まずにダイエットを継続することができますよね。
ダイエット後のリバウンドやドカ食いを防ぐ効果も期待できるので、太りにくい食材を選んで賢くダイエットを継続していきましょう。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材①キャベツ

キャベツひと玉 www.organicfacts.net

ダイエット中でも太りにくい食材としてまずおすすめするのは、キャベツです。
“キャベツダイエット”という言葉を一度は耳にしたことがある女性も多いように、キャベツは1玉食べたとしてもカロリーは約240kcal♡
なので、とってもヘルシーで低カロリーな食材なんですよ。

ずっとキャベツばかり食べるのは、栄養が偏るので好ましくありませんが、食欲がどうしても抑えられなくなったときは、キャベツに頼ってみてください。
さすがに1玉は食べられませんから、そう考えるとお腹いっぱいになるまで、ある程度食べても痛くもかゆくもありませんよね。

また、キャベツには美肌効果や疲労回復に効果的なビタミンCや、便秘改善をサポートしてくれる食物繊維が豊富に含まれているのも嬉しいポイント!
キャベツは大葉2~3枚で、大人1日分のビタミンCを摂取できるといわれているので、それを目安に食べるといいですよ。

葉野菜は比較的カロリーが低いものが多いですが、コスパがいいのはキャベツ!
調理の仕方によってカロリーは変化するので、できるだけ千切りキャベツや温野菜などにして、調味料を減らして食べるのがおすすめです。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材②ノンオイルドレッシングをかけたサラダ

オイルとサラダ

ダイエット中でも太りにくい食材といえば、やはり真っ先に野菜が思い浮かびますよね。
キャベツもそうですが、その他にもきゅうりやトマトも太りにくい食材だといわれています。

サラダにして食べるものいいですが、味のないままでは正直、飽きてしまいますよね。
そのときにドレッシングをかけるのもアリですが、実はドレッシングは思っているよりもカロリーが高いんです。

そこでおすすめなのが、油を使わないノンオイルドレッシング!
ヘルシー志向の人のために開発されたもので、油によるカロリーをカットすることができますよ。

ただし、生野菜の食べすぎは体を冷やしてしまう可能性もあるので、温野菜にして食べるか、野菜ばかり食べすぎないように注意してみてください。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材③きのこ類

何種類ものキノコ www.mushrooms.ca

キャベツと同様にいくら食べても太りにくいといわれている低カロリーの食材が、きのこ類です。
きのこが苦手という女性も多いですが、ダイエット中は心強い食材になってくれるので、これを機に克服してみてはいかがでしょうか。

きのこ類には多くの種類がありますよね。
エリンギ、シメジ、シイタケ、マッシュルームなど……バラエティに富んでいるので、アレンジもしやすい万能な食材だといえそうです。
でも、きのこ類ばかり食べていてもお腹が膨れないのは想像すれば分かること!

ならば、キャベツときのこを合わせたレシピでお腹を満たしてみてください。
一番良さそうなのは、キャベツ×きのこ類×パスタです。
「パスタって太るんじゃないの?」と思いますが、食べ方次第で太りにくくなる食材なんですよ。

他の炭水化物に比べて血糖値が上がりにくい食材としても知られていますし、歯ごたえがあるのでよく噛んで食べれば、満腹中枢を刺激することもできます。
味付けはシンプルなものにして、カロリーをできるだけ抑えてみてください。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材④こんにゃく

こんにゃく類

ダイエット中に食べたい、太りにくい食材といえば、こんにゃくも有名ですよね。
100gあたり約7kcalなので、0kcalではないですが、とってもヘルシー!
250gほどの板こんにゃくを一人で食べても15kcalほどしかないので、ストイックな女性も食べやすいのではないでしょうか。

また、こんにゃくには食物繊維も豊富に含まれているので、満腹感を感じることができるだけでなく、腹持ちがいいのも魅力の一つ♡

さまざまな形状のものもありますし、お味噌をつけて食べたり、おでんにして食べたりすることもできるので、ダイエット中に最適だといえるでしょう。

ただし、人によってはこんにゃくの食べすぎでお腹を壊してしまう可能性もあるそうなので、やはり食べすぎには注意が必要です。
「小腹が空いたときに、板こんにゃくの半分をよく噛んで食べる」など、決めておくといいですよ。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材⑤大豆製品

袋に入った大豆

太りにくい食材なら、大豆製品も有名ですよね。
大豆は「畑の肉」といわれているほど、豊富なタンパク質を含んでいるのが魅力!
さらに、筋肉の低下を抑えたり、代謝を上げるために脂肪の燃焼を促進したりしてくれるので、ダイエット中に欠かせない食材です。

摂取してからエネルギーに変わるのも早いので、筋トレなどの運動と組み合わせることでダイエット効果を上げることができるのも嬉しいポイント♡

また、大豆は加工の幅が広いので、一口に言ってもたくさんの大豆製品がありますよね。
豆腐、納豆、味噌、おからなど、いろいろあるので飽きずに食べることができ、ダイエットも継続しやすいです。

中でも豆腐や納豆が人気ですが、最近はおからも話題になっていますよ。
クッキーなどにも使えるので、ヘルシーなおやつを作ってみてはいかがでしょうか。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材⑥鶏ささみ

焼いたささみ

ダイエット中はどうしても脂分の多い肉類を敬遠しがちですが、お肉が好きな女性にとってお肉の我慢は辛いですし、どうしても食べたくなるときだってありますよね。
肉類にも、太りにくい食材はちゃんとありますよ。

それは、鶏むね肉と鶏ささみ肉!
鶏むね肉の皮を取り除いた状態なら、鶏もも肉の約半分くらいにカロリーを減らすことができるといわれていますよ。
また、鶏ささみ肉も鶏もも肉の半分のカロリーになるので、どちらも太りにくい食材になります。

特に鶏ささみは、ダイエット中の頼もしい食材として人気ではないでしょうか。
アスリートたちも鶏ささみを食べて筋トレをし、筋肉をつけています。

そして最近では「サラダチキン」のようにコンビニやスーパーでも気軽に買えて、調理をしなくても食べることができますよね。
「コンビニでお昼を買わなきゃいけない」というときも、ぜひ買ってみてください。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材⑦おでん

お皿に盛ったおでん

サラダチキンのように、コンビニで買える太りにくい食材も気になりますよね。
コンビニで買うなら、おでんがおすすめです。

ただし、おでんの中には太りやすい食材もあるので、ダイエット中におでんを食べるなら選び方が重要になってきます。

・太りにくいおでんの具材
できるだけヘルシーなおでんを選びたいので、白滝やこんにゃく、昆布巻き、大根などがおすすめです。
主菜にするなら、1本あたり44kcalほどの牛すじを食べるのも◎

・太りやすいおでんの具材
餅入り巾着、ソーセージ巻き、ちくわぶのような練り物系は、比較的にカロリーが高めなので、いつもの食事にプラスして食べるのは控えましょう。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材⑧するめ

二枚のするめ

ダイエット中でも太りにくい食材を選ぶときには、ポイントがあり、その中の一つで「噛みごたえのあるもの」が挙げられます。
噛みごたえのある食材は、しっかり噛んで食べなければならないので、噛み続けることで満腹中枢を刺激することができるんだとか!

そして、噛む回数が多いと食べる時間も長くなるので、必然的に「たくさん食べたなぁ」と脳が思い、満腹感を得ることができるそうです。

噛みごたえのある食材でおすすめなのが、するめです。
100gあたり300kcalほどですが、一度に100gのするめを食べるのは意外と大変なので、カロリーの摂り過ぎにはならなそうですよ。

柔らかいするめでは意味がないので、硬いするめを用意し、しっかり噛みながら食べるのがポイントです。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材⑨海藻類

お皿に盛った海藻

海藻類もまた、ダイエット中に食べても太りにくい食材だといわれています。
海藻類には、脂質や糖質もわずかしか含まれていないので、カロリーのことを心配する必要がないよう!
また、それだけでなく、実はダイエット効果も期待できる優れた食材なんだそうです。

ワカメや昆布に含まれている「フコダイン」には、食事の脂質を体に吸収させないようにする働きがあるだけでなく、体外に排出する働きがあるので、脂肪の吸収を抑えてくれるんだとか♡
さらに、海藻類に含まれている「フコキサンチン」は、脂肪を燃焼するように働きかけてくれるので、ダイエットをサポートしてくれます。

海藻類は熱を加えて栄養分が壊れる心配もないので、さまざまなお料理に使うことができるのも嬉しいポイント!
ただし、海藻類の食べすぎは甲状腺にダメージを与えるともいわれているので、海藻類に頼りすぎるのはやめましょう。

ダイエット中におすすめの太りにくい食材⑩ナッツ類

お皿に盛ったナッツ類

ダイエット中に食べても太りにくい食材として最後におすすめするのは、ナッツ類!

アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツなどのナッツ類は、糖質が低いだけでなく、食物繊維が豊富に含まれているといわれています。
なので、余分な糖が脂肪になるのを防ぎながら、腸内環境の改善にも役立ってくれるそうです。

また、抗酸化作用があるといわれているナッツ類なら、コレステロール値を下げて血液をサラサラにする効果も期待することができますよ。

ただし、加工方法をちゃんと確認してから購入するのが大切です。
防腐のために加工をしてあるものや、甘さをプラスしているものがあるので、ダイエット中は無添加のナッツ類を選ぶようにしてみてくださいね。

ダイエット中に食べても太りにくい食材をご紹介させていただきました。
誤った食事制限や過度な食事制限は、体調を崩しやすくなるだけでなく、予期せぬ病気を招くこともあるので、大変危険です。
バランスの良い食事を大切にしながら、太りにくい食材も賢く活用して、ダイエットの成功者になりましょう。