コスメと小物

【一重】アイシャドウの塗り方!ピンクやレッドシャドウもOK

BEAUTY

人によってそれぞれ形が違う目元だからこそ、その目に合うアイメイクをしていきたいものですよね。
特に腫れぼったく見えてしまう一重さんは、アイシャドウの色選びや塗り方に対してのお悩みが多いのではないでしょうか。
そこで今回は、一重さんにおすすめのアイシャドウの塗り方をご紹介いたします。

一重とは?

微笑む女性

一重とは、ぱっちりとした目に見せる二重ラインがなく、目頭から目尻までスッとしているのが特徴のまぶたのこと。
まつ毛を覆うようにまぶたに重みや厚みがあるので、腫れぼったい印象になってしまいがち。

一重をコンプレックスに感じている女性も多いようですが、クールでかっこいい雰囲気を演出できるのは一重さんだからこその魅力♡

ですが一重さんの場合、アイシャドウを使うときにどこまで塗ればいいのか、どんな色を選んだらいいのか悩んでしまうこともあるはず。
二重基準のアイメイク方法だと、似合っていないように感じてしまう女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一重さんのためのアイシャドウの塗り方をご紹介いたします。
塗り方次第で魅力的な目元を作ることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【基本編】一重向けアイシャドウの塗り方

コスメと腕時計

まずは一重さん向けの基本的なアイシャドウの塗り方を見ていきましょう。
一重さんにとって、アイシャドウはどこまで塗ればいいのかが一番悩んでしまうところですよね。

色の選び方としては、アイシャドウで目元に立体感を出すことがポイントになるので、透明感や軽さのあるブラウンをチョイスすると失敗しにくいですよ。
逆に濃い色や重い色を使ってしまうと、目を小さく見せてしまう可能性もあるので、控えた方が良さそうです。

<一重さん向けの基本的なアイシャドウの塗り方>

  1. アイホールにハイライトカラーを馴染ませてまぶたのくすみを飛ばします。
  2. 明るめのライトなブラウンをアイシャドウチップにとり、目を開けた状態でまぶたのキワから2~3mm上に線を引いておきます。
  3. 目を閉じて、アイシャドウを塗る位置が分かったら、2で引いた目印の線から目のキワまでアイシャドウを塗りましょう。
  4. 目印の線はちゃんとぼかし、黒目の中央辺りから目尻まで同じアイシャドウをのせましょう。

【応用編】一重向けアイシャドウの塗り方①グレーシャドウを使う

目を伏せた女性

一重さんは陰影が作りやすいブラウンばかりに頼ってしまいがちですが、他にも似合う色があるんです。
特におすすめなのが、グレーシャドウを使った塗り方!

<グレーシャドウを使った塗り方>

  1. アイホールにハイライトカラーを馴染ませたら、まぶたのキワから2~3mm上にシルバーグレーを薄く塗ります。
  2. 目のキワには濃いめのグレーをオンするのですが、目頭よりも目尻側を濃くすることを意識しましょう。

グレー系はブラックシャドウよりも重く見えないですし、一重さんのクールビューティーな雰囲気を引き立ててくれます。
繊細なラメタイプだと、よりエレガントな印象にしてくれますよ。

【応用編】一重向けアイシャドウの塗り方②寒色系シャドウで涼しげに

ブルーのアイシャドウ

一重さんはブルー系のアイシャドウと相性が抜群。
クールな印象に合っているだけでなく、腫れぼったいまぶたをすっきり見せてくれます。

<ブルーシャドウを使った塗り方>

  1. 淡いブルー系のアイシャドウをアイホール全体にサッと塗ります。
  2. 目のキワにアイラインを入れるようなイメージで、濃いめのブルーを塗り、指の腹を使って2~3mm上までぼかしながら伸ばしましょう。

爽やかで涼しげなアイメイクの完成ですし、より知的に見せることができます。

【応用編】一重向けアイシャドウの塗り方③ピンクシャドウはワンポイントに

目を伏せる女性

一重さんはピンク系のアイシャドウを使うと、腫れぼったさが増すという理由から避けられがち。
ですが、塗り方をマスターすれば、一重まぶただってピンクを可愛く取り入れることができるんです。

<ピンクシャドウを使った塗り方>

  1. 明るくて淡いピンクのアイシャドウを、アイホール全体にほんのりと塗ります。
  2. メインカラーの濃いめピンクは、指の腹に取って目尻にポンと置くようにのせれば完成です。

この場合、アイラインは引かない方がピンクカラーを主役にすることができGOOD!

【応用編】一重向けアイシャドウの塗り方④ブラウン×ピンクをミックス

アイメイクをする女性

ピンクのアイシャドウだけだと不安……という女性であれば、ブラウン系のアイシャドウとミックスして使うテクニックがおすすめです。

<ピンク×ブラウンのアイシャドウの塗り方>

  1. 目のキワからアイホールの真ん中あたりまで淡いピンク系のアイシャドウをほんのりのせます。
  2. 次に、1で入れたアイシャドウに少し被せるようにふんわりとブラウンシャドウを目頭から目尻に向かって薄くなるように塗りましょう。

あとはまつ毛の隙間を埋めるようにブラウン系のアイライナーを使って、アイラインを引いてくださいね。
目頭側にブラウン系、目尻側にピンク系をふんわりのせるのもおすすめです。

【応用編】一重向けアイシャドウの塗り方⑤赤シャドウで色っぽく

赤いアイメイクの女性

ブラウンに近い赤めのアイシャドウも、実は一重さんにぴったりなカラーです。
二重だと派手な印象になってしまいますが、一重なら程よい存在感で大人っぽく、そして色っぽく決まります。

<赤シャドウを使った塗り方>

  1. アイホールに淡いピンクのアイシャドウをふんわりのせます。
  2. まぶたのキワに赤いアイシャドウを濃いめにのせたら、上に向かって指の腹でジグザグに動かして伸ばしましょう。
  3. 目のキワが濃く、上に行くほど薄くなるようにグラデーションを作れば完成です。

アイホールよりも少し大きめに山を作るように塗ると、目の縦幅が強調されてぱっちりした目元を作れます。

【応用編】一重向けアイシャドウの塗り方⑥シンプルな単色グラデーション

ロングヘアの女性

女性らしく、大人っぽい目元を作りたいときは、単色のグラデーションアイで決まり!

<単色グラデーションの塗り方>

  1. 好みのアイシャドウを用意したら、目のキワに色を置きます。
  2. そこからワイパーのように指の腹を左右に動かしながら、上に向かって伸ばしていきましょう。
  3. さらにチップに取って、目のキワから2~3mm上のところに色を重ねれば完成です。

最後のステップが意外と重要で、色を重ねることでより深く、印象的な目元にすることができますよ。

【応用編】一重向けアイシャドウの塗り方⑦ラベンダー系をオンしてエレガントに

パープルシャドウを使った女性

意外と一重さんに似合うのが、ラベンダー系のアイシャドウです。
濃いパープルになってしまうとマダムっぽくなってしまいそうなイメージがあるかと思いますが、透明感のあるラベンダー系なら目元をすっきり見せつつ、上品な瞳を叶えてくれます。

<ラベンダーシャドウを使った塗り方>

  1. ライトなラベンダーシャドウをアイホールにのせ、くすみを飛ばします。
  2. 目のキワから2~3mm上のところに、目尻側が濃くなるように濃いめのラベンダーシャドウを重ねましょう。
  3. くの字にならないように気を付けながら、下まぶたの目尻側にも薄くのせれば完成です。

ラベンダーは透明感を与えてくれる色なので、さり気なく見せるだけで軽やかさを感じることができるでしょう。

【応用編】一重向けアイシャドウの塗り方⑧濡れ感でセクシーに決める

ドレスを着た女性

一重さんは厚みのあるまぶたが特徴なので、マットな質感のアイシャドウにしてしまうと、より重く見えてしまうことがあります。
基本的には軽く、透明感のあるアイシャドウをチョイスしてほしいですが、特別な予定があるときは濡れたようなツヤ感のあるアイシャドウを使うのもいいでしょう。

<ツヤ感を出すアイシャドウの塗り方>

  1. ハイライトカラーでアイホールのくすみを飛ばしたら、しっとりしたタイプのアイシャドウを用意し、単色グラデーションを作ります。
  2. 仕上げにツヤ感のでるハイライトを指にとり、まぶたの中心にポンとのせれば完成です。


繊細なラメやパールの入ったハイライトカラーがあると便利ですよ。

一重さん向けのアイシャドウの塗り方をご紹介させていただきました。
ブラウン系で上手に陰影をつけるのがおすすめですが、塗る方を変えればピンクやレッド系でも取り入れることができます。
シーンやファッションに合わせてアイシャドウの色や塗り方を変え、おしゃれなメイクをもっと楽しんでいきましょう。