Illustrator初心者講座!簡単便利な図形の描き方

LIFESTYLE

Illustrator(イラストレーター)の初心者にご紹介する、簡単な図形の書き方です☆
少しコツがいるIllustratorですが、簡単に図形が作れますよ!!
ぜひ試してみてください♪

Illustratorで簡単に図形を描こう♪その①三角

出典:helpx.adobe.com

Illustrator(イラストレーター)で簡単に図形を描こう、その①は…【三角】です!!
これは一番簡単な図形の書き方です☆

1.「ペンツール」を選択します。
2.始点になる点を打ち、そのあと2か所三角形の角を打ちます。
3.最後の終点を始点に重ね合わせます。


これで、三角形が完成です!!簡単ですよね??
これが一番基本の、クローズパスを使った三角形の描き方です♪

Illustratorで簡単に図形を描こう♪その②正三角

出典:illustrator-design.com

Illustrator(イラストレーター)で簡単に図形を描こう、その②は…【正三角】です!!
先ほどはただの三角形、今回は「正三角形」を書いてみたいと思います☆

1.「多角形ツール」を選択します
2.好きな大きさになるようにドラックしていきます
3.ドラックしたマウスのボタンを離さないまま、キーボードの「↓」を押すと、多角形の角がひとつ減ります。
4.正三角形になるまで「↓」を押しましょう。正三角形になったらマウスの手を離します。

これで完成です☆これも簡単でしたね!
こちらは正三角形なので、辺の長さがすべて同じ仕上がりになります♪

Illustratorで簡単に図形を描こう♪その③吹きだし

出典:www.improbic.net

Illustrator(イラストレーター)で簡単に図形を描こう、その③は…【吹きだし】です!!
セリフなどを描き込みたいときに使いたい、吹き出しを書いてみたいと思います☆

1.「楕円形ツール」を選択し、好きな大きさの円を作ります。
2.「ペンツール」を選択し、楕円の右下にアンカーポイントを3か所打ちます。
3.「ダイレクト選択ツール」にし、真ん中のポイントを選択します。
4.アンカーポイントの「切り替えツール」にして、真ん中のポイントをクリックします。すると、両側のハンドルが消えるはずです。
5.そのままアンカーポイントの内側のハンドルの端っこを掴んで、ポイントに重なるようにドラッグします。すると、片側のハンドルだけ消えるはずです。
6.「ダイレクト選択ツール」で逆側をクリックし、同じようにポイントに重ねて消します。
7.「ダイレクト選択ツール」で、真ん中のポイントをドラッグし、吹き出しの尖った部分を引きだします。

これで吹き出しの完成です♪
一見工程が長いので、難しそうに見えますが、一度できると、あとは簡単ですよ♡

Illustratorで簡単に図形を描こう♪その④ハート

出典:liginc.co.jp

Illustrator(イラストレーター)で簡単に図形を描こう、その④は…【ハート】です!!
かわいいハートを描いてみましょう☆

1.「楕円形ツール」で、「Shifiキー」を押しながらドラッグし、好きな大きさの真円を描きます。
2.「ダイレクト選択ツール」で一番上のアンカーポイントを囲みます。そこだけ選択されて■になったはずです。
3.選択されたポイントを「↓キー」で下に動かします。
4.アンカーポイントの「切り替えツール」にして、両方のハンドルを順番に上へ少しドラッグします。
5.一番下のアンカーポイントを「切り替えツール」でクリックすると、ハンドルが消えて鋭角になります。

これで♡の完成です♪

Illustrator(イラストレーター)で簡単に図形を描く方法をご紹介しました☆
他にも描き方はたくさんあると思うので、こういうやり方もあるんだ!と思っていただければ嬉しいです♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。