ブライズメイドだけじゃない!いろんな結婚式の習慣をご紹介します♡

LIFESTYLE

女の子の憧れの結婚式。
せっかくの結婚式、する前にいろいろ知っておきたいですよね?
結婚式には世界各国の習慣があり、それについて今回はご紹介します♪

有名なブライズメイド!その由来って?

出典:www.bridalboutique.jp

みなさんも1度は写真などで目にしたことがあるであろう、"ブライズメイド"。
ブライズメイドは中世ヨーロッパが始まりで、主に花嫁の周りの未婚の女性が、花嫁の付添人、立会人として務めるもの。
みんながおそろいのドレスを着る習慣ですが、このドレスはもちろん花嫁と被らない純白以外!
花嫁がドレスをプレゼントをするのが主流となっています。

花嫁の周りの人であるため家族、親族、友達と様々な人が務めることが可能です。
当日の花嫁のお世話をするだけではなく、結婚する花嫁を祝福するブライダルシャワーも行います。

次はこのブライダルシャワーについてご紹介します!

前祝であるブライダルシャワーをご紹介!

ブライダルシャワーとは新婦の親しい友人や親族の女性のみで行われる前祝のパーティーです。
アメリカでは古くから習わしとしてありました!

結婚式を行うだいたい1か月ほど前に自宅やお店で行い、参加者は花嫁にプレゼントを持っていきます。
プレゼントは「花嫁に必要なモノ」となっていて、たとえばボディーケアグッズ。
結婚式が行われる1か月ほど前にやるのもポイント。結婚式当日までの間の自分磨きに必要なアイテムをプレゼントすることが多いみたい!

最近似たようなお祝い、”ベビーシャワー”をやっているモデルさんたちが多いです!"ベビーシャワー"はその名の通り、赤ちゃんが生まれる前に行う前祝です。

やっぱりお祝い事は盛大に祝いたいですよね♡

世界各国の結婚式の習慣もチェック!

出典:www.e384.com

まずイタリアの結婚式の習慣からご紹介!
イタリアでは「リスタ・ディ・ノッツェ」と呼ばれる習慣があります。
これは結婚するカップルが自分たちの欲しいモノをリストにして招待客がそれをプレゼントするという習慣。
欲しいものリストには高級なものだけではなく、実用的なものもあるので自分の予算に合わせてプレゼントを選ぶことが可能です!
自分たちの欲しいモノをもらえるなんて幸せですよね♪
他の欧米諸国にも似たような習慣があります。

続いて、イギリスの伝統的なウエディングについてご紹介します☆
みなさんも聞いたことあると思いますが「Something 4」というものがあります。
「Something old(なにかひとつ古いもの)」「Something new(なにかひとつ新しいもの)」「Something borrowed(なにかひとつ借りたもの)」「Something blue(なにかひとつ青いもの)」この4つのアイテムを結婚式当日に身につけることになっています。
そしてこの4つに加えて、6ペンス銀貨を花嫁の靴に入れるというならわしもあります。

また、「stag night&hen night」もあります。"stag night"は男性だけで行う独身最後のパーティーで、"hen nigh"tは女性だけで行います。費用は友人たちが出すことになっています!少しブライダルシャワーに似てますよね。

日本の伝統的な結婚式についてご紹介★

出典:www.anacrowneplaza-narita.jp

日本の伝統的な結婚式といえば神前式です。
今はキリスト教式が主要なのであまり神前式をやるカップルは多くないですが、日本式でやる方もいます。
神前式は厳粛な中行われ、出席するのは親族のみです。
キリスト教式と同様なのは指輪交換!

他にも仏前式や神に誓うのではなく参列者に誓う人前式もあります。

結婚式は日本式でも海外式でもどちらでもかまわないことになっているので、せっかくなら自分の好きな方の式をあげたいですよね!

最近はお祝い事も盛大にやるようになり、日本でも海外の習慣を取り入れるようになりました!
ブライダルシャワーなんかもその例のひとつですよね!
結婚式当日だけでなくその準備もたくさん楽しみましょう♡