恋が一気に冷める!女子がイケメンにガッカリする瞬間って?

LOVE

「この人カッコいい!」と思って好きになったはいいものの、些細なことがきっかけで一気に恋が冷めた……。
女子ならきっと経験したことのある、“残念なイケメン”との遭遇。
女子は一体、どんなときにイケメンとの恋に冷めてしまうのでしょうか?
早速解説します♪

残念なイケメン① 隠された過去が壮絶すぎる

女性引用:www.shutterstock.com

経験豊富な男性は魅力的なもの。
ただし、想像もつかないほどに人生経験が豊富すぎて、女性の理解を超えてる……!という場合は、別です。

事情はケースバイケースなので具体例は控えますが、女子は常に「もしも結婚することになったら、この人は私の手に負えるのかな?」と考えているもの。
あまりにも壮絶な過去をもつイケメンにはなかなか踏み込めない、というのがホンネです。

イケメンでもない、対した特徴もない、至って普通の男性が意外とモテるのは、女子の“手に負える相手がいい”という心理のおかげかもしれませんね。

残念なイケメン② お金回りがルーズ

イケメンの中には、過去に女性から一方的に可愛がられたり、貢がれたりした経験のある人もいるかと思います。
そのせいなのかは分かりませんが、なんとなく“今日は割り勘でいいかな?” とか “もしかしたら奢ってくれるかな?” なんて雰囲気を醸し出してくるイケメンにはガッカリ。

せっかくのデートなのに、男気の無い態度を取られると、一気につまらなくなってしまう……。
スマートなお会計はモテの必須事項ですよ!

ましてや、女性に「年収いくらなの?」と平気で聞いたり、おごられて当たり前!
みたいな態度の男性には、一気に冷めてしまいます。

残念なイケメン③ “イケメンでいなきゃ”と思っている

イケメンは、今までイケメンというだけで、先入観でいいイメージを持たれてきました。
それだけに、“本当の中身を知られたら、ガッカリされるんじゃないか?”と、不安に思っているイケメンも多いのです。

そんな “イケメンでいなきゃ”症候群のイケメンに多いのが、なかなか本心を伝えてくれないパターン。

たとえば、頻繁にLINEを送ってくるのに、実際に会うと冷たい。
告白してほしいのに、照れてなかなか切り出してくれない。
強がって本心を話してくれない……そんなイケメンに遭遇したことはありませんか?

思っていることを素直に話してくれないと、女子は不安になって、すぐに離れていってしまうので要注意!

残念なイケメン④ 「自分=最高のコンテンツ」だと思っている

「こないだ有名モデルと撮影したんだよね!」
「この前しつこく逆ナンされてマジ大変だったなー」
など、ひたすら自分の話をしてくる自意識過剰イケメン。

イケメンには自信家が多く、聞いてもいないのに自分の話をペラペラしてくるケースがあります。

普通の人が “自分の話なんてつまらないよな……” と自重するシーンでも、イケメンは気にせず“俺ってかっこいい!”という話を延々と繰り広げます。

「全世界の人が、俺の話が聞きたがっている!」と思っているようですが、勘違いイケメンには、深く愛してくれる女性はなかなか寄り付かないものです。

イケメンのあなたは“残念なイケメン”にならないように。
周りの人は、イケメンの特性をしっかり理解しつつ接してあげましょうね。