面白いと人気♪小川洋子さんのおすすめ小説4冊

LIFESTYLE

あなたは日本の小説家、小川洋子さんをご存じですか?
女性として魅力的な小説ばかりを書き上げる、小川洋子さんは女性ファンにとっても愛されています。
だれが見ても「面白い!」と声をあげてしまうような小説ばかり。
そんな小川洋子さんのおすすめの小説を4冊まとめてみました♪

小川洋子さんのおすすめ小説①妖精が舞い下りる夜

出典:fullofbooks.com.au

1997年8月31日に角川文庫より出版された、小川洋子さんのおすすめエッセイ小説、「妖精が舞い下りる夜」♡

小川洋子ファン必見のエッセイ小説「妖精が舞い下りる夜」は、彼女の作品のようなクールな冷たさや、淡々としている雰囲気を感じることができます。

小説家としての小川洋子さんだけではなく、学生時代や出産、子育てなど、小川洋子さんの素顔が見られる小説となっています。

小川洋子さんのおすすめ小説②冷めない紅茶

出典:kotyoudou.ocnk.net

1994年1月31日に出版された小川洋子さんのおすすめ小説、「妊娠カレンダー」は、芥川賞を受賞しました。

“嫉妬”、“ズレ”、“常識”、“素直”
少し怖くて、少し不気味で、でも少しエレガント。様々な感情を抱くことのできる小説となっています。

この小説を読めば、あなたもきっと「妊娠」や「女性」というものを身にしみて感じることができるでしょう☆

小川洋子さんのおすすめ小説③ホテル・アイリス

出典:coconutsdisk.com

1998年7月31日に幻冬舎文庫より出版された小川洋子さんのおすすめ小説、「ホテル・アイリス」は、泉鏡花文学賞の候補となりました。

とにかく乾燥したクールな大人な世界を小説にした作品。
少女と老人の愛を描いた小説は純情で、どこかミステリアスです。

少女にとっては初めての人、老人にとっては最後になるであろう人。
真剣な愛を確かめ合う二人に、“愛”とは何かを思い巡らされる小説となっています♡

小川洋子さんのおすすめ小説④博士の愛した数式

出典:www5b.biglobe.ne.jp

2005年11月26日に新潮文庫より出版された小川洋子さんのおすすめ小説、「博士の愛した数式」は、2006年1月21日に映画としても公開されています☆

この小説に登場する博士の魅力に、あなたも虜になってしまうかも!

この小説は、数字や数学が嫌いという方でも、数学に興味が湧くような内容になっています。
とても読みやすい小説なので、小説初心者さんにもおすすめしたい作品です♡

様々なジャンルの小説を発信する小川洋子さんのおすすめ小説4冊をご紹介しました。
小川洋子さんを知らなかった人も、小説はあまり読まないという人も、小川洋子さんの小説は読んで損はありません!
これを機に、小川洋子さんの作品に目を通してみてはいかがでしょうか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。