文学&本好きにおすすめ!森鴎外記念館がアツい

LIFESTYLE

日本の明治・大正期を生きた森鴎外は、小説家であり、評論家であり、翻訳家であり、陸軍軍医でもありました。
まさに「天才」と言うべき森鴎外を、もっと深く知ることができる記念館です♪
本好き&文学好きさんに、とってもおすすめなんですよ。

本好き&文学好きにおすすめ「森鴎外記念館」って?

引用:moriogai-kinenkan.jp

森鴎外がその半生を過ごした地、文京区千駄木。

記念館が建つ場所は、鴎外の旧居「観潮楼」の跡地です。
文京区立森鴎外記念館は「文学と人と街とが広く交流する場にしていきたい」という願いを込めて開館されました。

ほとんど職人の方々の手作りで建設されたという建物は、思わず立ち止まって眺めたくなるような外観で、各種の賞を受賞するなど高い評価を受けています。
素敵な外観もおすすめポイントです。

本好き&文学好きにおすすめ「森鴎外記念館」の森鴎外について

本好き&文学好きにおすすめ「森鴎外記念館」の元となった、森鴎外の本名は、森林太郎(もり りんたろう)。

1862年、代々津和野藩の典医を務める森家の長男として生まれました。
10歳の時、父と共に上京してドイツ語を学び、現在の東京大学医学部に何と12歳で合格し、入学。

卒業後は軍医となり、1884年からは、研究のためドイツへ留学しています。
帰国後は、軍医としての仕事のかたわら、小説「舞姫」「雁」「山椒大夫」「高瀬舟」などを執筆。
国語の教科書にも度々採用される、有名な作品ばかりですね♡

特に小説「舞姫」は、森鴎外がドイツへ留学した時の体験を下敷きに執筆された作品で、美少女エリスとの悲しい恋の物語が印象的でした!

本好き&文学好きにおすすめ「森鴎外記念館」コレクション展「鴎外を継ぐ―木下杢太郎」

引用:moriogai-kinenkan.jp

本好き&文学好きにおすすめの「森鴎外記念館」では、2015年9月27日まで「コレクション展『鴎外を継ぐ―木下杢太郎』」が展示されています。

木下杢太郎は「鴎外2世」として注目された文化人で、鴎外と同じく、医学者でもあり作家でもあった人物です。

パート1では、2人の出会いや交流の他、杢太郎がたどりついた鴎外像に迫ります。
パート2では、杢太郎が創作を発表した明治40年代から晩年までの多彩な活躍が紹介されていますよ☆

本好き&文学好きにおすすめ「森鴎外記念館」記念館オリジナルグッズ

引用:moriogai-kinenkan.jp

本好き&文学好きにおすすめ「森鴎外記念館」の館内には、ミュージアムショップがあり、森鴎外記念館のオリジナルグッズをはじめ、文京区のオリジナル商品など、レアなグッズを手に入れることができます♪

文学好きなお友達へのお土産にも、喜ばれること間違いなし!
また書籍も扱っているので、森鴎外の作品をもう一度じっくり読んでみたい人にも、是非立ち寄ってほしいショップです♪

〜森鴎外記念館〜
住所…〒113-0022 東京都文京区千駄木1丁目23−4
電話…03-3824-5511
開館時間…10:00〜18:00(最終入館は17:30)

小説家で、外国語も話せて、お医者様で、東大卒で…森鴎外って本当にすごい「天才」ですね!
記念館をじっくり見学して学んだら、少しだけ天才森鴎外に近づけるかも?!
文学好きも、そうでない方も、「森鴎外記念館」に行ってみてくださいね♪おすすめですよ☆