【現代女子ファイルvol.8】写メと実物が全然ちがう!ジドリ子<前編>

LIFESTYLE

4meee! × 旅色プラスのコラボ連載企画!
木曜連載は【現代女子ファイル】。現代に生息する女子を徹底解剖します♪

第8回目の女子は「ジドリ子」。
きっとあなたの周りにもいるのでは……?

\これがジドリ子だ/

名前:ジドリ子(読み:ジドリコ)
由来:毎日必ず自分の写真をスマートフォンのインカメラで撮影することから
職業:会社受付
年収:約300万円
住まい:明大前
趣味:SNOW、Snapchat、Twitter更新
好きな芸能人:小嶋陽菜、深田恭子(男性俳優には特に興味なし)
備考:20代前半独身

朝起きたら「今日の自分はどれくらい盛れるか」診断

ジドリ子は朝起きるとまず、「今日の自分はどれくらい盛れるか」を診断します。

「今日の顔のむくみは3週間前の木曜日くらいだな。ということは……!」
「今日、去年のクリスマスイヴの朝みたいに全身スッキリしていて調子いい♡」

などなど、365日毎日自分の写真を撮影し、カメラロールに収めているジドリ子だからこそ、過去の症例から細かく判断できるのです。

いつも「谷間が目立つ洋服」を着ている

ジドリ子は、オフショルやVネックなど襟元が広く開いているお洋服が大好きです。

それは、さりげなく谷間を見せるとSNS上で「いいね!」と言ってもらえるから。

顔の調子が不調の日は特に谷間を強調し、「かわいい」印象をカバーするそう。

口癖は「○○ちゃんだって、もっと盛れるよ!」

忘れてはいけないのが、ジドリ子は写メではアイドルのように可愛いが、実物は普通だということ。

写メとのギャップに、人々は驚いてしまいます。

「この写メ、可愛いね!」と褒められた時、ジドリ子は「○○ちゃん(くん)だって、もっと盛れるよ!」と、おすすめのアングルやカメラアプリを親切に教えてくれます。

男女に盛り写メテクを教えることで、痛い人認定されるのを回避しているのです。

自撮りに夢中で、デートには15分遅刻

デートの日は、いつも以上にメイクとおしゃれに気合が入るジドリ子。

そして、恒例の撮影タイム!

可愛くなった自分を撮っていると、ますます盛れる照明やアングルを研究したくなり、気付けば出発時間をとうに過ぎている……。というわけで、デートには頻繁に15〜30分遅刻します。

そんなに自撮りばっかりしているジドリ子が、男女に好かれる理由とは……?

気になる後編は旅色プラスで♡

【現代女子ファイルvol.8】
写メと実物が全然ちがう!ジドリ子<後編>