どうしようもない「孤独感」から抜け出すポイントとは?

LIFESTYLE

ふとした瞬間に、孤独を感じてしまうことはありませんか?
友達と一緒にいるときでも、なぜか悲しい気持ちになってしまったり……。
そんなどうしようもない孤独感から、うまく抜け出す方法をご紹介します。

思い込みをなくす

自分の中で勝手に思い込んでしまうことが、当たり前になっていませんか?

癖になると、落ち込まなくても良いことで落ち込み、悪循環になってしまいます。

例えば、「返信はその日のうちにするものだ」「今週私が誘ったから、来週は相手が誘ってくれるものだ」など、“自分ルール”を持っていませんか?

自分のルールが相手のルールと完全に同じ、ということはありません。
そういった思い込みがあるからこそ、孤独を感じてしまうことも多いんです。

まずは周りの人に、「こう思っているんだけどどう思う?」と聞いてみると良いですよ。
意外と、自分ルールに囚われていることに気づけるはずです。

「理解してほしい!」ではなく「理解してあげたい」と思うこと

「どうして自分のことを分かってくれないの?」と、思うことってよくありますよね。

ですが、その考えが余計に孤独感を募らせてしまうのです。

自分のことばかりにならず、相手を理解してみようと一歩踏み出すことが大切です。自分だったらこうしてほしいと思うことを、相手にやってみましょう。

できるだけ、分かってあげようとする気持ちを育ててみてくださいね。

友達が多いこと、味方だけが多いことが、全てではない

友達が多いことが、全てではありません。

友達がたくさんいて、多くのコミュニティに属している人を羨ましいと思うこともあると思います。

きっと、「あの人はたくさんの味方がいて良いな」「どうしてわたしは一人なの?」と思ってしまうこともあるかもしれません。

ですが、それは違います。あなたはあなた。
自分と他人を比較しなければ、孤独を感じることもありません。

もしかしたら、あなたは一人でなんでもこなせる人なのかもしれませんよ。

自分の考えを好きになる

自分を否定してばかりでは、いつまでも辛い気持ちのままです。

まずは自分の考えを好きになること。

「どうして自分はこうなのか」ではなく、考えを逆転させて、「わたしはこうだから、いいんだ!」と自信に繋げましょう。

もし自分のマイナスな思考や感情に飲み込まれそうになったときは、紙に書き出してみたり、誰かに聞いてもらうのも効果的です。

吐き出したあとは、「それでもいいんだ」とプラス思考でまとめると、気持ちもすっきり落ち着きますよ。

孤独感を感じやすい人は「自分でなんでもやってしまう」傾向があります。
ふとしたときに孤独を感じたら、深呼吸をして自分を肯定してあげてくださいね。
まずは、ありのままの自分を好きになることが大切ですよ♡