モデル&読者モデルの登竜門!サロンモデルになるには?♡

LIFESTYLE

今や、モデルや読者モデルを始めるきっかけにもなっている、サロンモデル(サロモ)!
いつもキレイなヘアスタイルでいられて、しかもファッションなどに興味がなかったり、あまりオシャレに詳しくなくてもできちゃうサロモ♪一体どうすればサロモになれるの?
サロンモデルなるためのきっかけを教えます!

〈サロモことサロンモデルになるには①〉そもそもサロモって何?メリットは?

“サロモ”とは、サロンモデルの略で、ヘアサロンのモデルのこと。
ヘアサロンに行き、仕込み(カット、カラー、トリートメントなど)をして、撮影を行うのが、サロモのお仕事です♪
出来上がった写真は、ヘアカタログやサロン内での広告に掲載されます!

また、時には、サロンが担当するヘアカタログの撮影をするために、ヘアカタログの編集部へ行くことも。
そこで、編集部での撮影をきっかけに、その雑誌から個人撮影の依頼が来て、モデルや読モデビューをする子も多いみたい♪

また、最大のメリットとしては、、
撮影のための仕込みということで、ヘアケア代が全て無料なこと!
毎月1、2万はしちゃってた美容室代が、一気に浮いちゃうのは嬉しいですよね♪
撮影依頼が来れば来るほど、あなたのヘアはいつまでもキレイを保てますよ♡

〈サロモことサロンモデルになるには②〉モデルハントされよう!

サロモことサロンモデルになるには、まずはモデルハントをされることです♪
サロンのアシスタントや、スタイリストさんが日々、駅や街中で行っているのが“モデハン=モデルハント”です。
サロモにモデハンをされるには、まずアクセスの多い駅などに行ってみましょう!

今までは、都内の明治神宮前駅で、たくさんのサロンの方達がモデハンをしていましたが、最近では渋谷駅や、原宿駅などのも他の駅でもサロンさんが集まっているみたい♪

中でも特にオススメなのは、月曜日や火曜日など、サロンの定休日が狙いめです!

〈サロモことサロンモデルになるには③〉髪を縛らずに歩こう!

サロモになるため、モデハンで声を掛けられるために、ポイントになる事があります!
まず1つめは、髪を結んでいない事。

サロンスタッフはあくまでも、顔よりも髪の長さ・髪質・色味・雰囲気などを見ています。
なので、髪を結んでしまっていると髪質の判断ができなくなり、声がかけづらいのです。

サロンモデルにモデハンされたいなら、いつ声がかけられてもいいように、キレイなストレートヘア、もしくは巻き髪で歩いてみましょう♪

〈サロモことサロンモデルになるには④〉電話&音楽は控えて歩こう!

街を歩いている時って、音楽を聴いたり、誰かに電話したりしがち。
でも、その状態で街を歩いてしまうと、サロンスタッフからすると、“話しかけづらいな” “今、忙しいのかな”と、サロンモデルに誘いたくても、声がかけにくいみたいです。

ちょっとサロモにモデハンされてみたい時は、電話したり、音楽聴いたりする事は控えてみましょう!

色んな意味で隙があった方が話しかけられやすいので、ぜひトライしてみてください♪
また、できれば通路の待ち合わせ側、人が多い方をわざと歩くのもいいかも!

モデルや読モになりたい方や、髪をキレイに保ちたい!美容室代を浮かせたい!と言う方は、サロモにモデハンされるためのコツをつかんでおいて♪
サロンモデルにモデハンされたら、有名サロンでの撮影など、きっと今までにない体験が、あなたを待っていますよ♡

2014.08.25 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。