逆に太る!?食事制限ダイエットで見落としがちなポイント4つ

すぐに結果が出るので、嬉しいダイエット法の一つである「食事制限ダイエット」。
毎回カロリーを気にしたり、食べるのを我慢したり……。
長期的に見るとリバウンドなどのデメリットがあるのも確か。
そこで今回は、食事制限ダイエットをしている方にぜひ確認してもらいたい「見落としがちなポイント」をご紹介します♪

食事制限ダイエットの見落としポイント① カロリー計算は1週間単位

食事制限ダイエットを神経質にやりすぎる人は、1日の食事の総カロリーや毎回の食事、飲み物のカロリーまで気にしがち。

これでは疲れてしまいますし、極端な痩せ方になりうるので、リバウンドしやすいといわれています。

カロリー制限は“1週間単位”で決めるのがオススメです!
1週間のうちに飲み会や食べ過ぎた日があっても気にしないでおきましょう。
次の日に挽回すればいいのです♪

食事制限ダイエットの見落としポイント② 3食必ず食べ、バランスを重視する

1日3食必ず食べましょう!
食べないダイエットや1食抜きダイエットをやっている人は、ほとんどが失敗しています。痩せたとしても、不健康だったり生理不順になったりするので危険です。

目標体重に達すると「達成した!これで食べられる!」と思ってしまい、食事制限を解除します。その反動でついつい食べ過ぎてしまったり、食べ過ぎなくてもダイエット時より多い食事をとることになるので、リバウンドしてしまうのです……。

目標体重に達したとしても“キープ”しなくてはいけません!
キープ期のためにも3食きっちり食べる癖をつけておいたほうが結果的に痩せられるのです。

食事制限ダイエットの見落としポイント③ 動くなら午前中に!

体を動かすなら“午前中”がオススメ!
午前中は、午後に比べてエネルギー消費量が多いので、動いた分痩せやすくなるからです。

朝活でジムに行くのもよし、通勤通学で体を動かすようにするもよし。起きたらストレッチやヨガを取り入れるもよし。

食事制限ダイエットとなると動かなくてもいいやと思いがちですが、これこそ見落としポイント!
少しでもいいので体を動かしておきましょう♪

食事制限ダイエットの見落としポイント④ ながらストレッチは最強の味方

食事制限だけでダイエットを切り抜きたい方に多いのが、「運動しなくてもいいから食べない」的な考え。これが間違い!

食事を減らして、運動はしないからだらだらテレビを見ている。そうすると体を動かしてないから疲れなくて、夜寝つきが悪くなる。睡眠不足はダイエットの敵、痩せにくい体が完成してしまいます。

このような悪循環にならないためにも、少しは運動をするようにしましょう。オススメなのがテレビを見てる時だけの“ながらダイエット”。腹筋でも足上げでも脚パカでも……なんでもOKです。

「テレビタイム=運動タイム」と認識できるようになれば、体はみるみる変わっていきますよ♡
見落としポイントありましたか?
食事制限ダイエットをして失敗する理由は、この4つの見落としポイントにあるかもしれません。
ぜひ参考にして、ダイエット成功させてくださいね♡

【関連記事】ほっそり美脚に憧れるよね♡ふっと〜い太ももにきくヨガのポーズ6選

女性なら誰もが憧れる、ほっそりとした太もも♡ですが、ダイエットではなかなか細くならないパ...

食事制限 ダイエット 見落とし ポイント

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高月ルナ

>もっとみる