「これ以上は無理!」集中力が切れたときの復活法

LIFESTYLE

やることはたくさんあるのに、集中力が切れて何もやる気が起きない……。
そんな時に実践したい、切れてしまった集中力を復活させる方法をご紹介します♡

「やること」ではなく「やらないこと」を決める

やらなければいけないことを考えると、多すぎてもう無理だ!となってしまいがち。

そうすると、結果的に集中力が切れてしまいます。
ですので、「やらなければ」ではなく「やらなくても良い」項目を決めることで、集中力が復活してくることもあるのです♡

計画性があることも大切ですが、あまりにも大きい目標を立ててしまうと、そこに辿り着くまでに、どうしても挫折してしまいますよね。

また、「量」ではなく「時間」で区切ることも重要です。
仕事や課題に取り掛かる前に、「何をどこまで何分でやる」と作業と時間をしっかりと決めてから開始しましょう。

身の回りの片付けをしてみる

お部屋でテスト勉強やレポートに追われている時、なぜか散らかっているものが気になって、部屋を片付けたくなることってありますよね。

実はこの行為、集中力を回復することに適しているのです!

例えば、机の上にたくさんの物が置いてあると、どれに集中すれば良いのか、と考えるだけで集中力を使ってしまいます。

気分を変えるという意味でも、やらなければいけないことをまず考えずに、周りを整理整頓してみましょう♪

体を動かすことにもつながるので、自然と集中力が復活するという場合もあります♡

水分をとる

脳は80%以上が水分でできているので、体中の水分がなくなると、集中力が低下してしまいます。

ですので、毎日飲むお水の量を増やすだけで、自然と集中力が高まるのです。
それだけではなく、記憶力がアップすることにもつながります♡

疲労やイライラ、極度の空腹も、実は水分不足が原因であることも……。
コーヒーや紅茶、ココア、烏龍茶など、カフェインが多く含まれている飲み物は脳を活性化してくれます。

しかし、カフェインは睡眠の質を下げてしまうため、就寝前4~5時間の摂取はできるだけ控えておくのが◎

環境を変える

自分の部屋で作業していると、緊張感がないので集中力が切れてしまいがち。

カフェやファミレスに行くなど、作業の場を変えてみましょう♪
周りの目もあるので、サボれない!という気持ちが働きます。

気分転換に、ちょっとコンビニに行くだけでも◎

環境を変えると同時に自然の音も聞けることで、集中力も高まります♡

集中力が切れてしまったのに、そのままダラダラと作業を続けていても、あまり進まないし時間ももったいないですよね。
一度切り替えて、作業効率を上げていきましょう♡