触りすぎはNG!最新版「ボディタッチ」で秋の恋を手に入れて♡

LOVE

過ごしやすい気候になって、すっかり秋モードになりましたね!
夏は暑がられたり、汗が気になったりしましたが……ボディタッチもしやすい時期です!
コミュニケーションをとる上で上手にボディタッチをする女子はモテると言われていますが、もちろんやりすぎは絶対にNG。
実践してみるとなると、加減が難しいと感じる方も多いのでは?
今回は、効果的でさりげないボディタッチの方法をご紹介させていただきます♡

恋がうまくいく♡秋のボディタッチ①初めにチェック!「2秒ルール」を守るべし♡

まだそんなに親しくないのに、男性に腕をからめたり、もたれかかる女性っていますよね。

本人は好きな人にアピールをしているつもりでも、「え?この子大丈夫?」「チャラすぎる」「なんか下品」と軽い女に見られがちです。

こんなときは、触るのを2秒以内におさめるようにしましょう。

例えば、会話の流れで気が合った時に一瞬「そう!それ!」と手を握ったり、ツッコミを入れる時に「違うもん!」って触れるくらいがベターです♡
相手が「え、何かの間違いかな?」と思うくらいが丁度いいんです♪

恋がうまくいく♡秋のボディタッチ②2人っきりになった時だけ触る

みんなの前で明らかに彼だけを触る女性って、アピールするのに必死すぎて、痛々しく見えてしまいますよね。

だからといってみんな平等に触るというのも、「あの子はああいう子だから」という印象をもたれてしまう原因につながります。

ですので、ボディタッチは2人きりのときだけにするようにしましょう。

いつもはしっかりしていてクールなのに2人きりになるとイチャイチャする、というギャップがたまらないですね♡

恋がうまくいく♡秋のボディタッチ③肩を叩くより、二の腕が効果的!

触る場所は、腕がオススメ♡

腕に、たくさんの神経が集中しているので、彼を悩殺するには効果的なポイントなんだとか♪
最初は、ポンポンと軽く触ってみて、慣れてきたら腕を絡めて上目遣いで甘えてみましょう。

脈アリの相手なら、絶対に反応があるはず!

恋がうまくいく♡秋のボディタッチ④上級者は自分を触らせる!?

「ボディタッチ」というと相手を触ることを想像しがちですが、彼の手を誘導して触らせることもテクニックのひとつです♪

本当は触りたいと頭では思っている男性も、「自分から触ったら嫌がられないかな?」「気持ち悪いって思われたら傷つくなぁ」と思い、抑えていたりするのです。

そこで、こっちから「ほっぺプ二プ二なの」と相手の手を自分の顔に持っていって触らせてみたり、「手大きいね」と自分の手と相手の手を合わせるようにして、さりげなく触れてみましょう!

大胆に見えるかも知れませんが、会話の流れでスムーズに接すると「あどけなくてかわいい」という印象もゲットできます♡

「触る」と「触られる」の両方を使えるようになると技も豊富になります♪

自然に好意をアピールすることができる、ボディタッチテクニックをご紹介しました!
気になる彼を悩殺して、秋のデートを楽しいものにしましょう♡