本当にあなたの肌に合ってる?クレンジングの特徴と選び方

BEAUTY

美肌になりたいならとにかく「洗顔命!」ですが、洗顔に使用してるクレンジングはどうやって選んでいますか?ただ汚れが落ちればいいっていうものではないんです!
肌タイプに合ったクレンジングがあるので、自分の肌とよく相談して選ばなければ、逆効果になってしまいます。
今回は、それぞれのクレンジングの特徴を肌タイプ別に紹介します♪

まずは肌のクレンジングと洗顔の違いをおさらい♪

クレンジングとは、肌の油汚れを落とすためのものです。つまりファンデーションなどを使用した、油分のあるメイクを落とす時に、必要な工程です。
一方洗顔とは、肌の皮脂などの汚れを落とすためのもので、メイクの有無に関わらず、清潔な肌を保つために必要です。

クレンジングのポイントは、たっぷりクレンジング料を手に取り、丁寧に顔に馴染ませながらリンパに沿って老廃物を流すこと☆
マッサージをしているつもりで優しくメイクを落としていくと、小顔効果にも繋がって、一石二鳥ですよね♪

そして、乾燥を気にしてクレンジングのみで済ます方もいらっしゃいますが、それは逆効果です!
なぜなら、クレンジング料はメイクなどの油分を肌から浮かせるためのものであり、それをすすぐだけでは、肌の汚れが落ちないからです。
ですからやはり、クレンジングと洗顔を両方行うことが、ベストの方法だと言えます♡

クレンジングの選び方①肌の汚れはごっそり落とすけど、実は負担が大きい?!

【クレンジングオイル】
洗浄力は非常に高く、汚れをしっかり落とすことができるので、クレンジングにオイルを使用している方は大勢いらっしゃるかもしれませんが、実は肌への負担も非常に大きいことをご存じですか?
そのため、ニキビがある時や乾燥肌の方には、不向きなクレンジング料だと言えます。

もしクレンジングオイルを使用する場合は、絶対に強くこすらない事を意識して、じんわり汚れを浮かすイメージで洗ってくださいね♪

【クレンジングシート】
いつでもどこでも手軽に使用できるクレンジングシートは、ついつい頼りたくなってしまいますが、肌への負担はそれはもう甚大です!
クレンジングの選び方としては、なるべくシートは使わなくても良いように、生活したいものですね。

クレンジングの選び方②敏感肌の方にオススメなもの

【クレンジングクリーム】
洗浄力はそれほど高くありませんが、油分と水分のバランスが良く、肌への優しさはピカイチです♡
シンプルだからこそ、クレンジングの選び方として、上質なものをセレクトするのがポイントです!

【泡洗浄】
ふわふわの泡による洗顔は、肌にとっても優しいイメージがありますが、実は意外な危険性がひそんでいるのです!
水分を多く含む泡洗顔には、バランスを保つために界面活性剤が多く含まれている場合があり、それが肌にダメージを与えるので、注意が必要です。

【クレンジングミルク】
クレンジングミルクの場合は、肌にほとんど負担をかけることなくメイクを落とす事ができるので、敏感肌や乾燥肌の人にオススメ♪
ただ、肌の汚れが残ってしまう可能性もあるので、優しく丁寧にを心掛けましょう!

クレンジングの選び方③今一番オススメしたいのは美肌になれちゃうコレ

引用:www.mandom.co.jp

それぞれ一長一短のクレンジング料ですが、今一番オススメしたいのが、マンダムの「うる落ち水クレンジング」です!
このクレンジングはなんと、クレンジング、洗顔、化粧水まですべてが一つで済んでしまう魔法のようなクレンジング料なのです♡

その秘密は、「保湿性洗浄成分」にあります。
メイク油との馴染みがとても深い、化粧水由来の成分「保湿性洗浄成分」は、たっぷりコットンに染み込ませて肌を優しく撫でるだけで、するんとメイクが落ちてしまいます!

また、メイクを落とすだけでなく、肌の古い角質を除去したり、肌を保湿してくれる成分が含まれているので、まさに一石三鳥にもなるクレンジング料です♪
これさえ一本持っておけば、美肌への道はすぐそこです♡

Bifesta (ビフェスタ) うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー 145mL

¥682

販売サイトをチェック

美肌にクレンジングや、洗顔の徹底が必要不可欠なことは常識ですが、クレンジング料の特徴まで理解して選択している人は、少なかったのではないでしょうか?
肌に優しく、でも汚れもしっかり落とすために、自分の肌と相性の良いクレンジング料を選んでくださいね♡
最後に紹介した「うるおい水落ちクレンジング」は、みんなに自信を持ってオススメできる優秀アイテムなので、どれを選べばいいかわからない!という方はぜひ試してみて下さい!