男性に「妻にはしたくない」と思われてしまうランチタイムの行動4選

LOVE

ランチタイムの時、あなたはどのような行動をしていますか?
男性はランチをしている女性のことをよくみています!
あなたのちょっとした行動で、未来の花嫁候補から外されてしまっているかもしれません!
今回は男性がNGとしているランチタイムの時に女性がよくしてしまう行動をご紹介します♡
ぜひ、参考にしてみて下さい♪

男性が妻にしたくないと思うランチのNG行動:テーブルで化粧直しをする

女同士で食事をしていると、ついつい席で化粧直しをしてしまう方もいるのでは?

女からしてみたらなんとも思わないのですが、男性からはあまり良い行動ではないんです。食事をする場所であるから、清潔にしてほしいんですね。

女性の化粧をしている姿を、あまり見たくないと思っている男性もいるようです。
リップを塗る程度なら席でもよいのですが、ファンデーションなどを使うのであれば、お手洗いに行ってするのがおすすめですよ♪

男性が妻にしたくないと思うランチのNG行動:ダイエット中だといい食べ物をたくさん残す

食べ物を残すのはよくないですよね!

ダイエット中で少ししか食べないのであれば、はじめから食べれる分だけを注文するのがマナーです。
多すぎて食べれないなのなら仕方ありませんが、まだ食べれるのにも関わらず「ダイエット」を理由に食べ物をたくさん残してしまうのはやめましょう。

男性から「マナーを知らない人」だったり、「金銭感覚のない人」などと思われてしまいます。

男性が妻にしたくないと思うランチのNG行動:食べ方が汚い

「きれいな食べ方」これはとても重要ですね!

食べ方が汚い人は、同性からみてもあまりよいものではないですよね。食事の仕方が汚い人とは結婚できないと思われても仕方がありません。

食べ方以外にも、お箸の持ち方やマナー作法などを見ている男性もいるんです。
もしかしたらお箸の持ち方が違うことで、未来の花嫁候補から外されているかもしれません。

きれいにご飯を食べる人は異性はもちろん、同性からみても美しいですよ♡

男性が妻にしたくないと思うランチのNG行動:最低限のマナーを守れていない

あなたは食事をする際の最低限のマナーを守れていますか?
難しいことではありません。

例えば、「白米を食べる際はきちんと茶碗を持つ」や「大きい音をたてながら食事をしない」などは基本的なマナーです。

最低限のマナーが守れていないと将来結婚したときに旦那さんが恥ずかしい思いをしてしまいます。

子どもにも教えることができませんよね!
小さい頃に両親に教わったことをしっかりと思い出して、食事をする際は最低限のマナーを守るように心がけましょう♪

男性は女性の行動をよくみています。
普段の生活から男性に見られても恥ずかしくないように気をつけることが大切ですよ!