「恋をするための治療方法」4つ♪好きってなんだっけ?

「もう1年以上彼氏がいなくて、好きってどういうことか分かんなくなってきた……。」
そんな女性たちはもしかすると、自分で自分をそういう状態にしているのかも!
そんな「恋ができない病」にかかってしまったときの、治療方法をご紹介したいと思います。

目次

行動をチェンジ♡恋をするための治療方法①「女性であることを意識する」

恋をしているときって、少しでも好きな人から「素敵な女性だな」と思ってもらえるよう、努力しますよね。
逆に仕事で忙しかったり、彼氏がいない生活に満足していると、その努力は二の次になりがち。

学校に行くだけだから、スッピンにマスクでいいや!とか、仕事の後に予定がないから服とかなんでもいいや!……なんてことをしていると、どんどん女偏差値が下がってしまいます。

そうならないためには「自分が女性であることを常に意識すること」が大切◎
例えば、お風呂上がりにボディクリームを塗るとき、あえて自分の体を鏡で見てみたり。
アロマを焚いてストレッチしてみたり……と自己満足でいいんです!
「これって女子力高い♡」と思えたらOK!女性であることを全力で楽しみましょ。

行動をチェンジ♡恋をするための治療方法②「恋愛映画で、ときめき感覚を取り戻す」

最近何かにドキドキしたり、ときめいたりしましたか?
もしすぐに思い出せないと、ときめきに対する感度が、鈍くなっているのかも!

それを取り戻すためにおすすめなのが、恋愛ドラマや映画を観ること。
恋愛がテーマになっている作品って“純愛系”、“切ない系”など色々あるけど、どのジャンルでもOK。
大切なのは、あなたが「恋がしたいー♡」と思えるかどうかです。

まずは試しに1本観てみて下さい!
「ドキドキってこういうことかぁ」と感覚が戻ってくるはず♪

行動をチェンジ♡恋をするための治療方法③「女子会は控えめに」

誕生日はもちろん、毎週金曜日は、かならず女子会♡なんて日々を過ごしていませんか?
好きな人ができない人に共通していることが、“友だちに恵まれている”ということ。

彼氏がいないことを寂しいと感じる暇もないくらい、同性の友達とワイワイ過ごすことに、満足してはいませんか?
これが原因で、自ら自分を恋愛体質でなくしてしまっているのかも。

それを抜け出す方法としては、女子会は少し控えめにして、色んな人と交流してみるのがおすすめ◎

彼氏とラブラブな子の話を聞いて恋愛モードを高めてみたり、恋愛体質の子に、休日の過ごし方やイベントを聞いてみたり♪
そうしているうちに、あなたの恋愛スイッチも“ON”に切り替わるはずですよ。

行動をチェンジ♡恋をするための治療方法④「男性を減点法で見ない」

彼氏がいない期間が長くなるとありがちなのが、理想の恋人像が高くなるケース。

そうすると「次に付き合う人は身長が170cm以上で、大手勤務で……」と、条件ありきになってしまいます。
出会いの場に行っても、「この人は身長が」「この企業じゃなぁ」と減点法で男性を見てしまいます。
1度この人は私のタイプじゃない!と思ってしまうと、いい部分があっても気付くことができず、素敵な出会いを逃している可能性があります!

なので、まずはその減点法で見てしまうクセを治しましょう。
飲み会や合コンにはあまり期待を持ちすぎず、「今日は楽しもう♪」くらいの気持ちが◎
期待値のスタートラインが変われば、今まで見落としていた男性たちの魅力にも気付くことができます!減点法じゃなくて「加点法」ですよ♡
恋をすると女性はキレイになるといいますよね♡
恋愛で感じるどきどき感は、女性ホルモンを分泌するにも大切なもの。
女性であることを楽しみながら、どんどんいい女になるために、たくさん恋愛しちゃいましょう。

【関連記事】しばらく恋愛から離れていたあなたへ♪恋のリハビリのススメ

しばらくの間恋愛から離れていたけれど、そろそろ恋がしたくなってきた!というあなたへ♡久し...

恋をする 方法 行動 恋愛

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

片山 侑貴

学生時代は女子大生サークルL'allureの初代副代表。大学卒業後、金融業界に就職。その後転職をしてキャリ…

>もっとみる