やっぱりカッコイイ♡今だからこそ聞きたいマドンナのおすすめ曲

LIFESTYLE

ポップスの女王、そして80年代のセックスシンボルと称されたマドンナ。
今尚、アメリカをはじめとして、世界のアーティストに影響を与えているマドンナのおすすめ曲を紹介していきます!

マドンナのおすすめ曲①▶︎プラダを着た悪魔でお馴染みの 【Vogue】

マドンナのおすすめ1つ目は1990年リリースの「Vogue」

大ヒット映画 「プラダを着た悪魔」の挿入歌に使われたのが、この楽曲です。
爽やかにヒールで歩く女性が、眼に浮かぶような爽快感のある一曲ですね!

他にも、プラダを着た悪魔の劇中では、2006年リリースのJumpが挿入歌として使用されています。マドンナファンは、プラダを着た悪魔のファン層にぴったりですもんね♪

マドンナのおすすめ曲②▶︎マドンナの色気がたっぷり【Like A Virgin】

マドンナのおすすめ曲の2つめは1984年リリースの「Like A Virgin 」

北川景子出演のキリンビバレッジ 生茶のCMや、ホンダ ライフのCMにも使われた色褪せない名曲。
80年代のセックスシンボルと呼ばれたマドンナの魅了が、存分に感じられるおすすめの曲です。

ノリノリの気分を演出してくれますよ!
繰り返しが多いので、マドンナの曲の中でも特に耳に残りやすいのも特徴です!

マドンナのおすすめ曲③▶︎アメリカのみでもセールス800万枚以上【Hung Up】

マドンナのおすすめ曲の3つめは2005年リリースの「Hung Up」!!

聴くだけで元気になるダンスミュージックで、アメリカだけでもセールスは800万枚以上を記録したマドンナの大ヒットシングルです!
日本では、NHK東京カワイイTVのテーマソングに使用されていました。

一度聞いただけで、忘れられないインパクトのある楽曲で、なんとなく1990年前後の雰囲気を感じる曲ですが、意外にリリースは10年前だったんですね♪

マドンナのおすすめ曲④▶︎若気の至り!?マドンナは嫌いな大ヒット曲【Material Girl】

最後におすすめする曲は、1985年リリースの「Material Girl」

日本では、NHK天才テレビくん内の洋楽紹介コーナーで扱われた楽曲!
タイムリーに知らなくても、こちらを聞いて知った方もいるのでは?しかし、50歳を越えてからUS weeklyで、マドンナ自身が「私が一番きらいな曲は、『マテリアル・ガール』。
絶対に、今後、もう二度と聞きたくないの」 と語ったそう。

ヒットしたからこそ、マテリアルガールと呼ばれたマドンナ。
ヒット曲が、イメージを固定してしまうことに悩むアーティストも多いだけに、マドンナにも心に秘めた想いがあったのかもしれませんね!

おすすめの4曲いかがでしたか?今なお、色褪せない魅力あるヒット曲を数多く輩出し続けるマドンナ。
知れば知るほど、好きになるマドンナの楽曲は要チェックです!それにしても、マドンナは還暦間近なんですね。
マドンナの美しさも、相変わらず衰えません‼♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。