雑誌連動

飲んでおけばOKじゃない!美人が取り入れている「水の正しい飲み方」

BEAUTY

♡4MEEE magazine Vol.1 p.68〜「かわいいカラダのつくり方♡」

美しい女性は皆、一日に1.5~2リットル近くの水を飲んでいるといわれています。
その効果はすごく、テレビでも紹介されるほどですが、ただやたらと飲んでいる女性も多いのではないでしょうか。
それでは意味がないどころか、逆効果になってしまうこともあるんです。
今回は、今すぐ知りたい水の正しい飲み方をご紹介いたします。

正しい飲み方できている?ただ水を飲めばいいってワケじゃない!

私たちの体は、約60%の水分で構成されています。
この水の働きによって、体温の調節が行われたり、栄養素などの運搬が行われたりするので、毎日の水分補給が欠かせません。

食事やお茶からも水分補給をしていますが、それだけでは成人の一日に排出される約2.3リットル(個人差がある)の水分量に足りないため、1.5~2リットルの水を摂取する必要があります。

ですが、水の飲み方を間違えてしまうと、体内の中で上手に蓄えることができずに排出されてしまったり、体を冷やして体内の血流を悪くしたりするのです。
その結果、むくみや肩こり・肌トラブルの原因に繋がってしまうので、必要だからといってただやたらと飲むことはNG!

美人も取り入れている「水の正しい飲み方」を意識すれば、体の健康面だけでなく、美容面でも嬉しい効果を期待することができるので、ぜひ見直してみてください。

水の正しい飲み方をチェックしよう!

それでは早速、水の正しい飲み方をチェックしていきましょう。
基本的な飲み方としては、一度に大量の水分を摂るのではなく、コップ1杯程度の水を一日に6~8回飲むことです。

・朝起きた時
寝ている間に、汗や呼吸によって水分を失っているので、朝起きた時は水分不足になっています。
さらに、血液中のミネラル濃度も高くなっているので、朝一番の水分補給はとても大切です。

・スポーツをする前や終えた後
スポーツ中に水分補給をすると疲れやすいといわれていましたが、スポーツ中は大量の汗をかくので脱水症になりやすいです。
それを防ぐためにも、スポーツ時の水分補給は欠かせません。

・入浴前や入浴後
体内の水分は、入浴時による発汗でも失ってしまいます。
特に半身浴をする方など、長くお風呂に浸かる方は入浴前と入浴後の水分補給を忘れずに!

・就寝前
就寝前に水分補給をすることで、睡眠中の水分不足によるミネラル濃度の上昇を防ぐことができるといわれています。
朝起きた時と同じように、就寝前の水分補給はとても大切です。

これらは、必ず飲みたいタイミングです。
この上記以外でも、喉が渇いたと感じたら積極的に飲むようにしましょう。

水の正しい飲み方をすることによって嬉しい効果をたくさん得られる♡

水の正しい飲み方を実践することで、女性にとって嬉しい効果をたくさん得ることができます。

・美肌効果
体内の水分が不足するだけで、新陳代謝が悪くなるので、肌荒れを引き起こす原因になってしまいます。
適度に水を摂取していくことで、新陳代謝が活発になり、肌のハリやシワを改善・予防に役立ってくれます。

・デトックス効果
水を飲むことによって、尿や汗が出やすくなるため、体内の老廃物や毒素も一緒に排出してくれます。
血液の循環もスムーズになりますよ!

・便秘改善効果
水不足によって新陳代謝が悪くなるように、腸の活動も低下してしまうので、便秘に繋がってしまいます。
水を飲むことによって腸を刺激することができるので、便通がスムーズになります。

・ダイエット効果
水が体内に入ると血液の流れが良くなり、自然と体温が上がります。
体温が上がるということは、代謝も上がることに繋がるので、体内のエネルギー消費量が高まりダイエット効果を期待することができるんですよ♡
また、胃に溜まるので、食欲が抑えられて食べ過ぎを防ぐこともできます。

水の正しい飲み方を実践する前に、注意点も忘れずに覚えておこう!

最後にご紹介するのは、水の正しい飲み方を覚えた上で知っておきたい注意点です。

・冷たい水ではなく、常温やぬるま湯にすること!
冷たい水は体温を下げるだけでなく、代謝も低下させてしまうので、体に負担をかけてしまうからです。
これでは飲むタイミングを守っていても意味がないので、常温やぬるま湯にして負担を軽減させてあげましょう。

・カフェインを摂取する時は、水も必ず用意すること!
コーヒーやお茶を飲む方も多いと思いますが、カフェインは利用作用があるので水分を排出してしまいます。
体内の水分バランスを保つためにも、コーヒーなどを1杯飲んだら、水も1~2杯飲むようにしてみてください。

そして、水にもさまざまな種類があるので、注意して見ることも大切です。
水の種類は大きく分けて、「軟水」と「硬水」があるのですが、軟水の方が日本人の体に適しているといわれています。
軟水は体への吸収が良く、胃腸への負担も少なく、デメリットがないのが特徴。

一方、硬水は多く含まれているマグネシウムやカルシウムによって、便秘の改善・脂肪の吸収を抑制することができます。
胃腸に負担がかかり、クセの強いことが特徴なので、毎日飲み続けることを考えたら軟水のほうが適しているといえるでしょう。

意外と知らない水の正しい飲み方をご紹介しました。
正しく飲むことで、水の嬉しい効果を最大限に引き出すことができます。
これで、“内側からキレイ”を目指すことができるので、ぜひ見直してみてください♪