伝説のクラブがついに復活☆西麻布「alife」って?

LIFESTYLE

4meee!読者の皆さんは、西麻布alife(エーライフ)って知ってますか?
2000年代の東京の夜遊びスポットの代表とも言えるクラブでした。
2012年に惜しまれながら閉店しましたが、なんと2016年の春に大、大、復活することになったのです!!

alife(エーライフ)ってどんなとこ?

今でも多くのクラブが東京にはありますが、2000年代のalife(エーライフ)ほど盛り上がっているクラブは存在しません。

それだけ当時のalifeは、独特の熱狂がありました。

毎週末の金曜、土曜、祝前日には2000人以上でごったがえしました。
音楽に興味のない女の子でも、“なんだか楽しそうだから行ってみよう”という感じで圧倒的な盛り上がりを見せていました。

クラブってお金が掛かる?

alife(エーライフ)のエントランスフィー(入場料のようなもの)は、女性が1000円。2DRINKのチケットと引き換えに入場できます。

店内のドリンクは、1杯500円程度が平均なので実質無料で入れてしまうのです!

また夜も長いし、「お酒を飲んでいるとお金が掛かっちゃうのでは?」と思っている人もいるかと思いますが、体外男性の人が奢ってくれる!……なんて噂も!?

しかし、もちろん奢ってもらった場合は、“奢ってもらって当然♪”という雰囲気を出してはいけません!
ちゃんと感謝の気持ちを伝えましょうね♡

alife(エーライフ)では、どんな音楽が流れているの?

クラブというと、「マニアックな人しかわからない重低音が響く曲が流れて疲れちゃう……」そんなイメージを持っている方もいると思います。

ですが、alife(エーライフ)で流れている音楽は、誰もが知っている有名な洋楽ばかり!

そこまで音楽に詳しくない子でも楽しめちゃいますよ♪

2016年3月10日からプレオープン中♪

人が入り始めるのは24時の終電が過ぎた頃から。

六本木界隈で飲んだ後に、サクッと行くのがベターです。
新しく復活したalife(エーライフ)に期待が高まります!

◆alife(エーライフ)
住所:東京都港区西麻布1-7-2 ECONACH西麻布ビル

いかがでしたか?
伝説とも言えるクラブが復活ということで、話題沸騰間違いなしです♡
一度足を運んでみるのも、良いのではないでしょうか?