予想以上に使える!ベビーオイルの使用法6パターン

BEAUTY

赤ちゃんを乾燥から守るアイテムとして有名な、ベビーオイル。
最近は赤ちゃんだけではなく、大人でも万能に使えるアイテムとして注目されていますよね♡
「なんとなく気になってはいるけど、まだ使ったことない」というあなたに、ベビーオイルを使って綺麗になれちゃう方法をご紹介します♪

ベビーオイルの使用方法① 全身の保湿

ベビーオイルはホホバオイルの約3倍、オリーブオイルの約5倍近くも肌から水分を逃さないのだとか。

赤ちゃんと同じように、大人でも全身の保湿に使えるんです♡
特に、乾燥肌、敏感肌、アトピー体質でお悩みの方にはとっても効果的です。

お風呂上がりに、全身ベビーオイルを塗りながらマッサージしていきましょう。
そのまま塗るとべたつきが気になる方には、濡れた身体にベビーオイルを塗り、タオルで抑えると◎

全身が潤って、ゆでたまごのようなつるつるでもちもちのお肌になりますよ♪

ベビーオイルの使用方法② 洗顔に+α♡

洗顔の際、いつも使っている洗顔フォームにベビーオイルを一滴プラスして泡立てるだけ♡

ベビーオイルを加えるだけでキメの細かい上質な泡になり、つっぱり感をなくしてくれます。

応用として、洗顔だけではなく、ボディーソープにプラスしても◎
いつもより洗い上がりがしっとりもちもちになります。

ベビーオイルをお風呂に一本置いておくだけで、様々な方法に使えますよ♪

ベビーオイルの使用方法③ バスオイル

お風呂での使い方としてもうひとつオススメしたいのが、バスオイル♡

入浴剤を入れたバスタブの中にベビーオイルを2~3適たらします。

お肌に膜が張ったような感覚になり、水分の蒸発を防いでくれます♪

ベビーオイルの使用方法④ クレンジング

毎日のクレンジングは、想像以上にお肌に負担を与えてしまっているもの。

ベビーオイルなら、ふき取りタイプのクレンジングや普通のクレンジングよりも低刺激で負担も少なくメイクを落とせます♪

①蒸しタオルで顔の毛穴を開く
②ベビーオイルを適量手に取り、優しくクルクルとマッサージしながらクレンジングしていく
③メイクと馴染んだら、優しくティッシュオフ
④ぬるま湯で流していく
⑤冷たい水で毛穴を引き締める

ここでべたつきや洗い上がりが気になる方はW洗顔をしても良いそう。
しかし、ゴシゴシと洗わないように気を付けてくださいね♪

クルクルとマッサージすることで、鼻の黒ずみも綺麗になります♡

ベビーオイルの使用方法⑤ ヘアケア

ベビーオイルはお肌だけではなく、ヘアにも使えるんです♡

ダメージが気になる場合、濡れた髪の毛先に適量つけていきます。
この時、つけすぎたり、根元につけるとべたついてしまうので要注意!

ドライヤーで乾かす前につけると、ドライヤーの熱のダメージを防ぐことができますし、サラサラの髪に仕上がります♡

ベビーオイルの使用方法⑥ スタイリング

ベビーオイルをスタイリングに使用することで、トレンドの濡れ感のあるスタイルが手軽に作れます♡

ヘアワックスを使うより少量でウェットな質感を生み出せるので、コスパもとってもいいんです。

カールの持ちが気になる方は、ヘアワックスにベビーオイルを少量プラスすることで解決できます。

ヘアアレンジの前にも全体にベビーオイルをもみこむことで、ウェットな質感の後れ毛が垢抜け感を演出してくれますよ♪

これからの時期、浴衣を着るイベントではベビ―オイルを使ったスタイリングがぴったりです♡

ベビーオイルはドラッグストアで手軽に手に入れられますし、ご紹介した使用法はほんの一部です♡
コスパ最強のベビーオイルで、ぜひ全身綺麗になっちゃいましょう♪