いつの時代も誰もが悩む……。美肌が遠のく「ニキビ」の原因と改善策

いつの時代も誰もが悩む……。美肌が遠のく「ニキビ」の原因と改善策

BEAUTY

いつの時代も、肌の敵として挙げられる「ニキビ」。

「昨日までなかったのに、朝起きたらできてた!」ということも、多いですよね。

そこで、ニキビの原因と改善策をご紹介していきます。
肌を守るためにも、毎日の生活を見直してみてくださいね♪

ニキビとは

多くの方が、肌トラブルの一つとして悩んでいる「ニキビ」。

10代の成長期にできることが多く、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。

そうした10代にできるニキビを、思春期ニキビといいます。
一方、成人した人にできるニキビは、大人ニキビという呼び方をするのが一般的です。

ニキビには、尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)という名前があり、ちゃんとした皮膚の病気の一種です。

身近な肌トラブルだけあって、「またニキビか」と、簡単なケアで済ませてしまう方も多いのですが、間違ったケアを取り入れてしまうと、さらに悪化させることもあるのです。

また、「すぐ治る」と放っておくことも危険なんですよ!

ニキビ跡が残って後悔してしまうこともあるので、自分に合ったケア、適切なケアを知って、ニキビを改善することが大切です。

ニキビの原因①毛穴が詰まる

ニキビができてしまう一番の原因は、毛穴が詰まることにあるんだそう。

毛穴が詰まってしまう理由として、「皮脂の過剰分泌」、「過角化」、「化粧品やメイク」が挙げられるでしょう。

まず、皮脂の過剰分泌ですが、皮脂の分泌量が多くても、毛穴からしっかり排出されれば、毛穴が詰まる原因にはなりません。

しかし、排出されないほどの過剰な分泌量だと、当然のことながら詰まってしまいます。
成人になると、分泌量は減るのですが、睡眠不足など生活習慣が正しくないと、分泌量が過剰になり、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうんです。

二つ目は、過角化です。
過角化とは、毛穴周辺の角質が過剰に厚みを増して、毛穴の入り口を塞いでしまうこと。

生活習慣はもちろんですが、間違ったケアなど外側からの刺激も過角化を引き起こす原因になります。

三つ目は、化粧品やメイクです。
油分が多いコスメや、メイクをしたまま寝てしまうといった行為は、毛穴が詰まる大きな原因の一つに繋がります。

また、メイクをしっかり落としていないと、リキッドファンデーションなどが毛穴に蓄積して、入り口を塞いでしまいます。
毎日のメイクにも気を付けることが大切ですね。

ニキビの原因②食生活の乱れ

バランスの悪い食生活は、皮脂の過剰分泌・過角化に繋がります。

動物性脂肪や糖質の摂り過ぎは、皮脂腺を刺激する作用があるので、皮脂分泌を増やしてしまいます。

そして、食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するGI値にも注意が必要です。
炭水化物の中には、GI値が急速に上昇するもの(食パンや白米)があるので、そればかりを摂ってしまうと、皮脂量が増えてしまいます。

また、皮脂分泌の働きをコントロールしてくれるビタミンB2やB6が不足してしまうと、過剰分泌を引き起こす原因にもなってしまうのです。

これらは、皮脂の過剰分泌に関わってくることですが、肌細胞の生成に必要なタンパク質・必須脂肪酸と、肌の新陳代謝を助けるビタミンA・ビタミンBが不足してしまうと、過角化を引き起こす原因になります。

バランスの良い食生活が、いかに重要なことかがわかりますね。

ニキビの原因③ストレス

疲労や睡眠不足、過度の緊張によるストレスは、心や体の不調だけでなく、ニキビを引き起こしたり、ニキビを悪化させたりすることに繋がります。

人はストレスを感じてしまうと、緊張を管理する交感神経と、リラックス状態を管理する副交感神経のバランスが崩れてしまうのです。

バランスが崩れたことによって、ストレス反応を調停する副腎皮質ホルモンが多く分泌されるので、男性ホルモンの分泌も高まってしまいます。

男性ホルモンは、皮脂分泌を増やし、角質を厚くしてしまうので、皮脂の過剰分泌・過角化のどちらにも関わってきます。

ストレスが続けば続くほど、ニキビも悪化しやすくなるので、自分なりのストレス発散法を見つけて、あまりため込まないようにしてくださいね。

ニキビの改善方法①食生活を正す

身近なところからニキビを改善していくのであれば、食生活を正してみましょう。
偏食ぎみの方や、外食が多い方は、少し見直すだけで、改善が見られるはずです。

ニキビに効果的な栄養素は、肌の新陳代謝を助けるビタミンAが含まれる、にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・レバー・うなぎなど。

また、皮脂の分泌を抑制してくれる、ビタミンB2が含まれる乳製品・卵・レバー・うなぎ・藻類と、ビタミンB6が含まれる鶏ささみ・まぐろ・かつおも有効でしょう。

メラニンの生成抑制・抗酸化作用で美肌を保ってくれるビタミンⅭの緑黄色野菜・果実もバランスよく摂ることがおすすめですよ♡

寒い季節は、いろいろな具材を入れたお鍋はいかがでしょうか?
お肉や魚介類も一度に食べられるだけでなく、体を冷やしがちな生野菜を、鍋にすることで温野菜として取り入れられます。

そして、普段からカロリーが低く、脂肪分の少ない和食にするよう心がけてみてくださいね。

ニキビの改善方法②洗顔をしっかり行う

毎日取り入れる洗顔も、正しい方法を行うだけで、ニキビの改善が見込めるかもしれません。

洗顔をするのは、一日2回、朝と晩にしましょう。
洗いすぎは、肌を傷つけてしまうので注意してくださいね。

朝の洗顔方法は、起きた時の肌状態で判断しましょう。
起きた時にベタついた感じがしたら、毛穴に汚れが詰まっている証拠なので、たっぷり泡立てた泡と、ぬるま湯で優しく洗顔してください。

乾燥肌や敏感肌だったり、ベタついたりしていなければ、ぬるま湯のみで肌に軽く当てるように洗顔しましょう。

夜の洗顔方法は、メイクをしっかり落としたら、ぬるま湯で一度素洗いします。
その後、洗顔料をしっかりと泡立てて、円を描くようにクルクルしながら、優しく肌へ馴染ませてください。
最後に擦らないように、ぬるま湯で流せば完璧です。

顔を拭くときも肌を傷つけないように、優しくかぶせるようにすることが大切です。
水分を拭き取ったら、すぐに化粧水や乳液をつけて、肌をコーティングしてあげましょう♪

ニキビの改善方法③紫外線対策をする

ニキビの悪化を防ぎ、改善していくためには、しっかりとした紫外線対策も大切です。

「ニキビに塗って大丈夫?」と思う方も多いと思いますが、何もせずに紫外線を浴びてしまうと、肌を守ろうとして角質が厚くなってしまいます。

角質が厚くなることで、過角化が進み、毛穴を塞いでしまうので、肌に合った日焼け止めを取り入れましょう!

日焼け止めを選ぶ時のポイントは、無香料・無着色のものにすることです。
肌への負担を減らしてくれるでしょう。

そして、日焼け止めに含まれている油分が酸化すると、ニキビにも影響があるので、オイルフリーのものを選ぶことが重要です。

ニキビができている方はもちろんですが、肌が敏感な方も、紫外線吸収剤が含まれていないか確認してくださいね。

ニキビの改善方法④メイク道具を替える

肌に合ってない、あるいは肌への負担が大きいメイク道具は、ニキビを悪化させる原因になってしまいます。

ですので、メイク道具を替えることもニキビを改善するうえで、重要です。

メイク道具選びで大切なことは、油分が少ないものを選んで、肌への負担を軽くすることです。

そして、ファンデーションはパウダータイプのものにしましょう。
リキッドタイプだと、毛穴に詰まって、ニキビを引き起こす原因になってしまいがちです。

ニキビを隠そうと厚塗りすると、悪化してしまう可能性があるので、注意してくださいね。

肌に優しいメイク道具に替えたら、道具自体を清潔に保つことも忘れてはいけません。

肌の汗や皮脂が、メイク道具についたままだと、菌が繁殖します。
その繁殖した菌が、毛穴に入り込んでしまう可能性も否定できません。

特にパフは、しっかり洗って、乾かして使うことが大切なんですよ♪

ニキビの改善方法⑤フェイスエステに通う

フェイスエステに通うことは、ニキビの改善に繋がる可能性があります。

フェイスエステでの主な施術は、新陳代謝を活性化させるフェイシャルマッサージ、弱い光を使ったフォトフェイシャル、薬液を含ませてニキビの炎症を抑えるニキビ専用パックなどがあるそう。

フェイシャルエステでは、皮脂の分泌を抑え、毛穴をキレイに保つ目的の施術をメインで行ってくれるでしょう。
そして、一人一人の肌質や悩みに合わせた施術方法を提案してくれるはずです。

自分自身で行うケアでは心配や限界がある方や、早く改善したい方は、フェイスエステに肌状態を見てもらって、相談してみましょう。

ニキビの改善方法⑥美容クリニックで治療をする

美容クリニックへ相談し、治療を受けるといった方法もあるでしょう。

クリニックは医療機関であるため、医療機器の使用も可能です。
また医師によるカウンセリングや施術を受けることもできるでしょう。
万一、肌トラブルに見舞われても、医師がしっかり診てくれるので安心ですね。

主な施設をご紹介します。

◆湘南美容外科クリニック
全国に57院を展開するクリニックです。
肌に悩みつつも、クリニックがどういうものかわからず不安……といったことであれば、ドクターやカウンセラーから返答がくる、メール無料相談も行っているそうです。
まずは問い合わせてみてはいかがですか?

◆美容皮膚科タカミクリニック
「ニキビを最短期間で治す」という信念に基づき、設立された美容皮膚科なんだとか。
カウンセリングに重きを置いているそうなので、まずは相談からはじめてみても良いですね。

施術名としては主に下記があります。

・アクネライト(光線治療 クロモライト)
・ケミカルピーリング
・イオン導入(エレクトロポレーション)

自分のニキビにとってどういった施術が合うのか、自己判断は難しいものです。
費用含め、専門クリニックに相談し、検討してみましょう!

肌の敵であるニキビの原因や、改善策をご紹介しました。

まずは身近なところから取り組みましょう。生活改善が、ニキビに効果的である場合もありますよ。
それでも思い悩むようであれば、エステサロンやクリニックに相談しましょう。