ディナーデートでも恥ずかしくない♪知っておきたいテーブルマナー4選

LIFESTYLE

マナーは生きていく上で必要な女子力!!マナーを身に着けて目指せ素敵女子♥
マナーのある子は男女関係なくウケがいいですよ♪今回は知っておきたいテーブルマナーをご紹介します!

<知っておきたいテーブルマナー①>ナプキンの使い方

まずお店に入って戸惑うのがナプキンの使い方♡

ナプキンのとるタイミングは、お料理のくる前ならいつでもOK!!
女性がとったあとに男性がとるのが普通。これは、席に座る時も同じです。

「レディーファースト」が肝心です。だから女性のみなさんも男性が先にやらないからといって戸惑わずにいてくださいね。男性は女性を待っているのです。

さて、ナプキンの置き方ですが

①まずひざの上に置きます。
②ナプキンを3分の1内側に折って、折り目を手前側にしておきます。
③ナプキンを汚れた口などを拭くたびに内側に折っていきます。そうすることで汚れた部分を相手に見せないで使うことができます。

お手洗いなど席を立つことは一度座ったら控えましょう。本来はマナー違反です!

<知っておきたいテーブルマナー②>途中退席の合図

デザート後の紅茶やコーヒーを飲む段階になると、途中退席できるようになります。

西洋では食事はとても大事なものだと考えられているようで、途中退席は許されていません。
その途中退席の時、ナプキンは椅子の上に置きます。
そうすることで、「まだ食事中です」という合図にもなります。まちがってもナプキンを畳まないでくださいね。

ちょっぴり辛いかもしれませんが、デザート後まで我慢しましょう♡

<知っておきたいテーブルマナー③>食事終了の合図

食事終了の合図をするときは、ナプキンを膝から外しテーブルの上に置きます。

置く場所はデザート皿の右上。デザート皿が下げられていても右側に置きます。ナプキンを畳んでしまいたい方もいると思いますが、絶対に畳んではいけません!

畳んだら「料理がまずかった」という意味になってしまいます。

どうしても畳みたい場合は、真ん中でつまんで三角形にするのがよいとされているので、トライしてみましょう♡

<知っておきたいテーブルマナー④>ナプキンのタブー

ナプキンは汚れた口を拭いたり、指先を拭いたりするものです。
果物の種や魚の骨を口からそっと出すためでもあります。

しかし、絶対にやってはいけないタブーなこともあります。

額の汗をナプキンでごしごし拭く、鼻をかむことはしてはいけません。

また、ワインや水をうっかりこぼしてしまっても、プキンで拭いてはいけません!
すぐにグラスを立て直すだけでいいのです。
そのあとすぐに店員さんが対応してくれるはずなので、慌てず冷静にいましょう。

きっかけがないと知らないテーブルマナー!
知らないと恥ずかしいけど知る機会もなかなかないですよね。しっかりマナーを身に着けて女子力をつけましょう♥!
あなたの将来にきっと役立つはずです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。