シンプルが一番♪スキンケアは『日焼け止め』だけで十分ってほんと?

スキンケアのためにいろいろと美容液を使ってはいませんか?実は美容液などを使っても、シミやシワなどを防ぐための効果は「日焼け止め」だけ塗ったときと変わらないんです!

いつものスキンケアは意味がない??

洗顔した後やお風呂上がりに化粧水・乳液をつけ、さらに美容液やフェイスマスクで肌のケアをしている人が多いはずです。
もちろんハイブランドの化粧水や乳液を使えばお肌のハリも化粧のりも変わります。

しかし、プラスαでシミ消しに効くものやアンチエイジング用の美容液を使っても、日頃から「日焼け止め」だけを使っている人と、たいしてスキンケアの効果に差が出ないんです!

ほとんど効果が変わらないのなら、スキンケアは手間もかからずコスパもいい「日焼け止め」だけにしたいですよね♡

「日焼け止め」のスゴさはここ♡

「日焼け止め」は紫外線の吸収をカットしてくれますが、この紫外線はシミやそばかすの原因になるだけではなく、年を重ねるとシワや肌のたるみに繋がっていくんです……。

そして紫外線はコラーゲンまでも破壊してしまいます。コラーゲンが破壊されると皮膚の老化が進行し、実年齢よりも年上に見られてしまうような事態に。

また服を着ていても、紫外線は突き抜けて肌はダメージを受けてしまいます。「日焼け止め」を塗ることで、防ぎにくい紫外線吸収を長時間食い止められるんです♪

日焼け止めは、2度塗りするのが重要!

「日焼け止め」は正しい使い方でなければ、全く効果がないんです。

日焼け止めは、肌に伸ばすようにして塗る人が多いと思います。しかし、「日焼け止め」の効果が十分に発揮されるのは、一般に目安として2度塗りした程度だと言われています。

顔に塗るときのポイントは、2度塗りするときにムラができないようにすることです。ムラがあるとファンデーションを塗ったときに崩れやすくなり、一緒に「日焼け止め」も落ちてしまいます。
塗る際は首や襟足も忘れないように注意しましょう。

体を塗るときは、手の甲や指を塗り忘れやすいので気をつけてください。

オススメの「日焼け止め」は、SPFやPAの数字が大きいもの

「日焼け止め」を買うときは、どのくらい強いのかではなく、どのくらい紫外線吸収を防いでくれるのかを基準に探しましょう。

このときにSPFやPAの数字が大きいものや+マークの多いものを選ぶと、紫外線防止の効果が長時間持続されます。

ただし、SPFやPAの数字が大きくなればなるほど肌への負担が増えるてしまいます。さらに敏感肌の人は自分の肌にあったものを使用しないとアレルギーを起こしたりしてしまうので要注意です。
手間がかからずコスパもいい「日焼け止め」だけのスキンケアはとってもオススメです!肌に無駄な負担をかけずにお手入れできるのもうれしいところですね♡

日焼け止め スキンケア シミ シワ そばかす 美容液 アンチエイジング

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

>もっとみる