もうすぐ開通♪東京から北陸新幹線1本で行ける「金沢のごはん」♡

LIFESTYLE

東京から2時間半で行けるようになる金沢は美食の地としても有名です♡
日本海に面しているため海鮮はもちろん、加賀野菜と呼ばれる野菜もいただくことができます!
そんな金沢のおいしいごはんをご紹介します☆

金沢のごはん① 加賀野菜ってなに?

引用:www.kanazawa-kagayasai.com

皆さんは「京野菜」ならよく耳にすることが多いと思いますが、金沢には「加賀野菜」という野菜の種類があります!

加賀野菜は古くから受け継がれてきた栽培方法によって、今でもつくられている野菜のことです!
しかし時代の変化とともにあまり加賀野菜を栽培している農家が少ないのが現状…
とっても貴重な野菜になっているんです!

加賀野菜は今15品目認定されていて、きゅうりやレンコン、サツマイモなどが含まれています。
加賀野菜のきゅうりは「加賀太きゅうり」と呼ばれ、普通のきゅうりより太く短いものになっています。

なじみのない野菜では「くわい」というものがあり、こちらはお正月に頂く、縁起物として重宝されています。
レンコンのように成長において水を必要としていて、免疫力を高める効果があるといわれています!
金沢市内でも取り扱っているお店が多いので食べたい方はぜひ行ってみてください!

加賀野菜: http://www.kanazawa-kagayasai.com/index.html

金沢のごはん② 海鮮を食べるなら近江町市場へ!

引用:www.facebook.com

海鮮が食べられるお店はたくさんありますがその中でもおすすめなのが近江町市場。
近江町市場は金沢の台所とよばれ、鮮魚だけでなく、お肉やお野菜なども多く売られています!

朝の9時から利用することができ、市場なのでスーパーなどで買うよりお得に買うことができるため地元の人にも大人気の場所です♪

食べ歩きをすることもでき、たとえば青果店ではオレンジにストローがささっている生ジュースやパイナップルなどが売られていたり、揚げたてのコロッケもいただくことができます。

海鮮丼が食べたい人におすすめな場所をいくつかご紹介!

まず海鮮丼専門店の「こてつ」。
こちらでは新鮮な魚介を使ったどんぶりが、だいたい2000円から楽しむことができます!
特製の割り出し醤油で美味しくいただくことができます!

次に創業60年のお寿司屋さん「山さん」です。
こちらでも海鮮丼をいただくことができます!
海鮮丼以外にもにぎりや、テイクアウトできるバッテラや太巻きもあります♪

他にもいろんなお店があるので是非チェックしてみてください☆

近江町市場: http://ohmicho-ichiba.com/portal/servlet/ohmicho.index?tm=154527961

金沢のごはん③ やっぱり甘いものは欠かせない!おすすめのフルーツパーラー「むらはた」

引用:www.murahata.co.jp

やっぱりどこへ行っても食べたくなるのが甘いもの♡

おすすめなのがフルーツパーラー「むらはた」。
こちらは1階がケーキやフルーツを売っているお店になっていて、2階はフルーツパーラーのお店になっています。
その日に食べられるケーキは下のお店に売っているものなので、下に降りて見に行くことも可能です!

店内は広めで、主婦や友達同士、老夫婦など様々な年齢層に親しまれているお店です!
こちらではフルーツパフェ、ケーキ、ヨーグルト、ジュースなど様々なものが食べることができ、メニューが豊富なのもオススメな部分の一つです!

人気のフルーツパフェはふんだんにイチゴを使った苺パフェやメロンパフェ、また珍しいゴールドキウイのパフェまで♡それぞれの季節によって食べることができます!
ジャンボフルーツパフェはとても大きくみんなでシェアして食べることをおすすめします!

ケーキは洋ナシのケーキやフルーツケーキ、またアップルパイなどもあります♡

食事もあるのでランチに利用するのもいいかもしれません♪

フルーツパーラーむらはた: http://www.murahata.co.jp/

金沢のごはん④ おみやげに持って帰りたい、おいしい名産品♡

金沢土産に持って帰るのに、ぴったりなものをご紹介します♪

★麩(ふ)
金沢で有名なものの一つにお麩があります!
特に車麩(くるまぶ)は煮物にすると、とてもおいしいので調理の幅が広がる食材としてオススメです♡
創業150年の「加賀麩不室屋」では車麩や生麩、またお吸い物に入れる彩豊かな「宝の麩」というものを売っています!
それだけでなく麩を使ったお菓子や、珍しいすだれ麩なども売られています!

★あめ
たぶんみなさんが一度は見たことあるかもしれないのが「あめの俵屋」ののれんの景色。
こちらでは特製のあめが売られています!
170年以上続くもっとも古いあめ屋さんで、店は昔ながらの家屋で人は10人も入れないくらいのスペースになっています。

原料はお米と大麦でやさしい昔ながらの味が楽しめます。
じろあめは水あめ状のもので、料理に使うこともできるものになっています!
飴っ子というのは、なめやすい一口サイズの飴になっていて贈り物に最適です!

金沢の食べ物についての紹介はいかがでしたか?
ぜひ現地に行って実際に食べたいものばかりですよね♪
物によってはお取り寄せも可能なので、行けない人は是非お取り寄せしてみてください♡