【ほっそり二の腕】と【ぺたんこお腹】を簡単にGETする方法♡

BEAUTY

これから、夏に向けて露出も増えてくる季節。
そんな時なんといっても気になるのがお腹&二の腕。
痩せてるのにこの二か所だけがプニプニ……なーんて子も少なくないのでは?
そんな子にとっておきのお腹&二の腕集中引き締め術教えちゃいます☆

【エクササイズ編】二の腕痩せには「うしろ肩」が効果大!

体を丸めて猫背になっていると、知らない間に「まえ肩」になっていて、肩が本来の位置より前にでてきてしまうことも。

まえ肩だと肩まわりの血流が悪くなり、二の腕に脂肪がつきやすくなってしまいます。
肩の位置をうしろにすることで、肩甲骨の動きをよくして体の代謝をあげて、二の腕を引き締めましょ♪

そんなうしろ肩にするエクササイズが…「ペンギン体操」。
やり方はとっても簡単。

①肩甲骨を寄せて腕をあげる。
この時、かかとをつけれ立ち、つま先を120度くらい開く。

②手のひらを上に向けてあげる。
肩よりい上は手のひらを上向きにひっくり返してあげる。

③そのまま真上に両腕をああげる。
腕で頭を挟むイメージです。

④手のひらを返してゆっくり下げる。

⑤これを20回繰り返す。

単純ですが、何度も続けるとじわじわと効果があるのがわかります♪

【食事編】炭水化物なのに!?実はお腹痩せに効く○○!

食事制限のダイエットで1番しがちなのが「炭水化物抜きダイエット」。
でも実はこれ、お腹やせにはあんまり効果がないんです。

でも、お腹痩せのために食事制限はマストだし、何を食べれば痩せれるの?と思ってるアナタ。それは、日本人に一番身近な食べ物、【お米】を食べることなんです。

お米はカロリーも糖質も高いイメージを持ってる子も多いはず。
でも、日本人は糖質よりも脂質をとりすぎて肥満が増えている場合が多いのですが、お米は脂質がたったの2%しかないんです。

また、パンや麺類に比べてお米は低カロリーでビタミンやミネラルを多く含むので燃焼効果も高く、代謝も活性化して、痩せやすい体を作ってくれるのです。さらに、食物繊維が豊富でお腹周りに多い内臓脂肪を減少させる効果も。

ポイントとして、

①よく噛んで食べる
②腹八分目にしない
③朝食を抜かない&夜もお米を食べる

ことで、効果はよりUPします♡

【ラク痩せ編】痩せる「ツボ」を押すだけ!

ツボ押しは、体の中から体調を整える治療法で、ダイエットにも効果テキメン!ラクーに痩せたい子にはおすすめ。

☆ウエストを引き締めるツボ
①天枢(てんすう)
へそから指2本分外側。脂肪がついてる部分なので両手を使って刺激すると◎。

②帯脈(たいみゃく)
へそから左右に進んだ脇腹の端で、押すと痛みがあります。

☆二の腕を引き締めるツボ
①臑会(じゅえ)
肩のうしろにできるくぼみから指3本分下。ここも押すと痛みがあります。

②肩貞(けんてい)
脇を閉じたときに肩の後ろにできる脇のしたのシワの先端。

できるだけ小さい刺激で、リラックスした状態でやるのもポイントです。
だれかに押してもらうのも◎。

【生活編】油断禁物!日ごろの「姿勢」と「呼吸」は超重要!

食事やエクササイズを頑張っていても、日常生活で怠けていたら、効果は半減。
普段の姿勢を意識することと、定期的な深呼吸を習慣づけてみましょう♪それだけで、お腹が凹むことも。

☆深呼吸のポイント
①鼻から息を吸ってお腹を膨らませる
横隔膜が上がるイメージで、手のひらを上にあげるとやりやすいかも。

②鼻を口から吐いてお腹をへこませて7秒キープ
次に横隔膜が下がるイメージで、口から息を吐き、7秒間キープします。
この動作を何度も繰り返して体を温めてみて。

☆姿勢にポイント
①肩を開く
×肩も首も前に出て丸まっている

②お腹に力をいれる
×猫背で脱力、お腹ぽっこり

③両膝をくっつけて脚をそろえる
×脚をだらーんと開いたままにする

ちょっとの意識でスグにお腹凹みも夢じゃない♡

いかかでしたか?
二の腕とお腹がスリムだと、実際よりも痩せて見られやすいのでいいことばっかりです♡
みんなより一足先にはじめてこの夏は理想のカラダを作っちゃいましょ♪