あれ、もしかして私も?わきが・多汗症の違い、治療法

1年中きになる「体の臭い」。体臭と密接に関係している"汗"が気になり、制汗剤が手放せない女性も多いのではないでしょうか?
今回は、ワキガと多汗症の違い、効果的な治療法をご紹介します。

この記事の監修

湘南美容外科池袋西口院 院長 Dr. 本間 重行

「わきが」と「多汗症」の違い

「わきが」と「多汗症」を一緒だと思っている方も多いのではないでしょうか?
わきがと多汗症はそれぞれ原因が違うので、治療法も異なるのです。

まず、汗を分泌する汗腺には、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2種類があります。

独特の臭いを放つ"わきが"の原因は、「アポクリン汗腺」から出る汗が関わっています。
一方、年間を通して大量の「汗」をかく"多汗症"の原因は、主にエクリン汗腺です。

自分の悩みが「臭い」なのか、「大量の汗」なのかで症状を見極めましょう!

わきがセルフチェック

✔︎家族や親戚に"わきが"の人がいる
✔︎衣類に黄ばみがみられる
✔︎耳垢が湿っている
✔︎毛深い
✔︎他人からワキの臭いを指摘されたことがある

多汗症セルフチェック

✔︎暑くないのに汗をかく
✔︎常に手が汗ばんでいる
✔︎衣類に汗ジミができる
✔︎本やキーボードが汗で濡れる
✔︎明らかに他人より多くの量の汗をかく

わきがにおすすめの治療法

わきが治療法はいくつかありますが、重度のわきが治療としておすすめするのは、『反転剪除法(切開法)』です。

反転剪除法は、ワキの皮膚を数センチ切開、反転して、アポクリン汗腺を切除する方法。医師が目で直接確認して切除するので、わきが治療の中で最も効果が高い方法です。

長期的に見ても効果が高い反転剪除法ですが、負担は軽くありません。医師と十分に話し合って安心できるクリニックで受けるようにしましょう。

軽度のわきがには『ボトックス』、中度のわきがには『ミラドライ』という治療法もあります。

多汗症におすすめの治療法

多汗症の治療には、注射によって発汗を抑える『ボトックス注入』がおすすめ。

ボトックスの一過性の筋肉麻痺を起す作用によって、エクリン汗腺の働きを抑制。汗の分泌量をコントロールするのです。

ボトックスは手術の必要がなく、短時間で終わる簡単な治療なので手軽に受けられます。
また、わきがの治療法でも紹介した『ミラドライ』は、多汗症にも効果があるそうです!
長い間、汗や体臭で悩んでいる方におすすめの治療法をご紹介しました。
まずはわきが・多汗症、どちらで悩んでいるかを考え、医師に相談してみましょう。

わきが 多汗症 治療

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

松本優

食べるの大好き♪都内のカフェ巡りが趣味。友達から聞いたり、雑誌で見つけた素敵なお店は必ずチェックして…

>もっとみる