「足が短いのが悩み」を改善する方法!短足の規準や原因

BEAUTY

食生活が欧米化し、最近は小顔で、手足の長い日本人女性が増えてきました。

男性よりも足が長い女性が存在する一方、足が短いことに悩みを抱えている女性も少なくありません。

そこで今回は、足が短い原因や、悩みを解消すべく方法をご紹介します!

どうして同じ身長でも足の長さは異なるの?

引用:unsplash.com

「身長は同じで、同じ自転車に乗っているのに、あの子は地面に足がついて、私はつかない……。」
「妹や友達は自分より身長が低いのに、パンツを貸すと丈がピッタリ!?」

こういった経験をしたことはありませんか?
同じ身長なのに足の長さが異なるのはなぜでしょうか。

もともと、日本人は胴長短足の傾向があるようです。
理由として、「腸が長いこと」を有力視する人もいるそう。

手足が長い欧米人は、昔から肉中心の食生活を送ってきました。
農耕民族の日本人は、肉よりも消化に時間のかかる野菜を中心とした食事をしてきたのです。
動物においても、肉食動物よりも、草食動物の腸の方が長いのだとか。

そのため、腸の収納スペースである胴が長くなり、必然的に足が短くなるというわけですね。

足が短くなってしまう悪習慣とは

引用:unsplash.com

「私は足が短い……」と諦めるのはまだ早い!

通常、成長期を終えた大人の骨を伸ばすことはできませんが、普段の生活の中である程度、足を長くすることや、長く見せることは可能かもしれません。

また、足が短くなってしまう悪習慣も存在するんだそう!

足が短くなる悪習慣とは、足を組む、片足立ちをする、足を揃えて座らない、ワンパターンな着こなしなどが挙げられます。

足を組む、片足立ちをするといったことは、骨盤を歪みを招くでしょう。

また、カバンをいつも同じ肩にかけたり、靴底が傾いて磨り減った靴を履き続けたりといった、ワンパターンなファッションも、足を短くする原因につながりかねません。

また、日々の歩き方にも関係しているんだとか。
お尻や太ももが引き締まっていない、太い、O脚の場合も、脚が短く見える傾向にあるそうです。

また、正座をすると足が短くなるともいわれていますね。
しかし、真偽については定かではないようです。

生活習慣が足を短くするともいいますが、遺伝子が最大の要因といえるでしょう!

女性だけではない!男性も足の短さで悩んでいる人が多い

引用:unsplash.com

女性と同様に、足の短さにコンプレックスを感じている男性も多く存在します。

例えば、自分よりも背が低い女性にジーパンを貸したとします。
その際、女性が裾をまくることなく履きこなすさまは、何よりも足の短い男子の心にダメージを与えるのだそうです。

身長に対して、股下の長さが45%以下だと短足、46%は普通、47%以上であれば足長という基準値が設けられています。

パーセンテージは、『股下の長さ÷身長×100』で計算できます。
45%以下だと、ちょっとショックを受けてしまいそうですが、服の着こなし方で足長に見せることも可能です!

ある俳優さんがテレビで、「僕は足が短いんですが、長く見えるように衣装さんがコーディネートしてくれて感謝しています」と話していました。
かつてはモデル業もこなしていた俳優さんだっただけに、衝撃を受けたことを覚えています。

このように、足の短さを自覚できれば、着こなしなどを工夫できるので、まずは計算式で、足の割合を算出してみてはいかがでしょうか?

足が短い!悩みを解消する方法①脚長効果のあるコーデをチェック

引用:unsplash.com

足が短くても、視覚効果で、足を長く見せるコーデ法があるんです!
早速チェックしていきましょう。

まず、脚長コーデの鉄則として、一番に挙げれられるのが、高い位置でのウエストマーク!
ここ数年の傾向としては、“トップスはボトムにイン”が基本ですね。

ハイウエストのワイドパンツやロングスカートは、誰でも取り入れやすいアイテム。
また、色は統一しつつ、上半身に視線を集めるようにポイントを持ってくると良いでしょう。

ボリュームあるトップスなら、それだけでも個性的なコーデの完成です。
スカートやパンツにインして、ウエストをスッキリ見せることもポイントです♪

前を少しだけインする着こなしも流行っているので、慣れない方はバランスをとりながら取り入れていきましょう。

脚長コーデを意識しながら、自分のスタイルが一番良く見える着こなし術を発見したいですね♡

足が短い!悩みを解消する方法②ストレッチをする

足が短いと悩んでいる人は、単に体が歪んで短く見えているだけの可能性もあります。

そうした方にはストレッチがおすすめです。
ストレッチは、縮こまった筋肉をほぐし、歪みを正す効果に期待できます。

脚長効果が期待できるストレッチ方法は、ヨガでいう“サギのポーズ”です。
座ったまま行うので、ヨガ初心者でも簡単に取り組めますよ♪

<うさぎのポーズ>
①足を投げ出した状態で、床に背筋を伸ばして座ります。一息吐きます。
②片足の膝を立てます。立てた方の足の裏を両手で持ち、息を吸いながらゆっくり持ち上げます。
③痛みを感じる手前まで、膝を上に伸ばします。
この際、腕と背筋も伸ばして行います。呼吸は普通の速度でOKです。
④5秒程度キープした後、息を吐きながら、ゆっくりと足を元の状態に戻します。

①~④までを1セットとして、左右1~2セットずつ行います。

足が短い!悩みを解消する方法③お尻をキュッと引き締める

お尻が垂れると、足が短く見えるといわれています。
垂れているのと垂れていないのとで比べると、その差は約5cmにもなるのだとか!

背面は年齢があらわれやすいパーツですが、自分では見えにくい部分なだけに、より注意してケアをしたいですね。

ここでは、お尻の引き締めを重視した、エクササイズ方法をご紹介します。

<ヒップウォーク>
①両足を揃えて前に伸ばして床に座ります。
②お尻をなるべく床から浮かせないようにし、脚を伸ばした状態で前に3歩進みます。
③同様の状態で3歩後退します。
④2~3を1セットとし、10セット行います。

テレビを見ながらでも寝る前でも、家に居ながらにして簡単に行えるエクササイズですね。

足が短い!悩みを解消する方法④O脚を直す

引用:unsplash.com

日本人の9割はO脚といわれています。
O脚は足が歪曲している状態なので、直せば、脚長効果は絶大でしょう!

ここでは、自宅でできる簡単なO脚矯正方法をご紹介します。

<正座ストレッチ>
①かかとをくっつけるようにして、座布団の上に正座をします。
②閉じたかかとの上にお尻を置き、1分間キープします。

たったこれだけですが、かかとを閉じる正座はなかなかキツく、いろんな場所の筋肉を使うようになります。

続けているうちに足首に柔軟性が出てくるので、1分キープも簡単にできるようになるそうです。

O脚矯正のポイントは、膝のお皿の向きにあります。
O脚は膝のお皿が内側に向いていますが、矯正後はちゃんと正面を向くようになるのです。

膝をチェックしながら、無理のない範囲で行ってくださいね!

足が短い!悩みを解消する方法⑤姿勢を直す

姿勢が悪いことは、人を猫背にするだけでなく、短足にもしてしまうようです。

身長や股下の寸法が変わらない2人が立っていても、姿勢の良いか悪いかで、見た目の身長や足の長さの印象まで変わってしまうことがありますよね。
骨格が歪むと筋肉もアンバランスに発達するといいます。

肩の位置が少し違うだけでも、骨が収まる場所によって体型に影響してくるのです。

これと同様に、骨格の歪みや筋肉のつき方、発達の仕方のズレによって、ウエストのくびれがなくなります。
上半身と下半身が寸胴化してしまうことで、足が短く見えてしまうんですね。

骨格や筋肉をアンバランスな状態にしないためにも、姿勢を正すことは大事になってくるのです。

足が短い!悩みを解消する方法⑥整体へ行く

引用:unsplash.com

私たちの体は、骨盤が前や後ろ方向に傾くことで、足が長くなったり短くなったりするそうです。

いつも適正な位置にあれば良いのですが、座り方や立ち方、力のかけ方で簡単に骨盤はズレてしまうのだとか……。

骨盤が前に傾くと、お尻が突き出て腰が反っていきます。
同時に下腹部には体脂肪がつきやすくなり、それに伴ってお尻にも体脂肪がつきやすくなります。

内側の太ももがむくんだり冷えの原因になったり、足音がうるさくなったり、靴の減り方が偏って膝を痛めたりするそうです。

逆に、骨盤が後ろに傾くと、猫背になります。

足の長さが左右で違うという人もいると思います。
短くなった足を元どおりにしたい時は、整体で歪みをとってもらうことも一つの手です。

骨盤矯正を専門とする整体マッサージをしてくれる施設もありますよ!
定期的に整体を利用すると良いですね。

姿勢などについて、何かしらアドバイスなども貰えるかもしれませんよ♪

足が短い!悩みを解消する方法⑦美容外科クリニックに相談する

引用:unsplash.com

世界には、美容目的で足の長さを伸ばす施術を請け負うクリニックがあるんだそう。

施術名としては、以下の通りです。

・イリザロフ法
・ISKD法

国内の主なクリニックは下記の通りです。

・スカイ整形外科クリニック
20年以上の施術実績を持つ医師を抱えている、大阪のクリニック。
女性固有の悩みに特化した診療も行っています。

これらの施術は、一般的に莫大な金額がかかるほか、体に大きな負担を与えかねません。

まずは、先ほどご紹介したように、ストレッチや脚長効果で足を長く見せることからチャレンジしていきましょう。

それでも悩みが癒えない、足が短いことがコンプレックスということであれば、一度クリニックや整形外科などに、体の状態や悩みの程度を相談して、費用、施術方法について説明を受けましょう!
適切なアドバイスをもらえる可能性もありますよ♪

足が短いと感じている人は、自宅でストレッチやマッサージを試みてはいかがですか?
いずれも、日常生活を見直せば、徐々に短かった足が改善していく可能性もあるのです。
また、脚長効果に期待できるコーデでおしゃれを楽しみながら、足を長く見せる方法もあります♪

まずは簡単なものから取り組んでみてくださいね!
それでも悩むようであれば、専門施設へ相談をしてみましょう。