雑誌連動

一緒に仕事をしたくないと思われちゃう!人をイライラさせる原因5つ

♡4MEEE magazine Vol.2 p.126〜「憧れの先パイ女子がアラサー期までにしていたコト」

職場では周囲の人に不快感を与えないように、気をつけながら仕事を進めたいですが、知らず知らずのうちに仕事仲間をイラつかせてしまっているかもしれません!
そこで今回は、「人をイライラさせる原因」を探ってみます!

人をイライラさせる原因① 貧乏ゆすりや独り言

「貧乏ゆすりや独り言を言う癖」が、人をイライラさせる原因になっているかもしれません。

貧乏ゆすりも独り言も、言動を起こしている本人は無自覚なことが多いですが、周囲の人は気になって仕方ない!なんてことも……。

「大きな音より、些細な音が聞こえるほうが気になってイライラする」なんて声も聞かれるので、心当たりがあるなら癖を改善したいところです。

人をイライラさせる原因② だらしない性格

「だらしなさ」が、人をイライラさせる原因になっていることも!

「遅刻の常習犯」「仕事は後回しが当たり前」「ヨレヨレ・しわしわの服を着た不潔な身だしなみ」「机の上はゴチャゴチャ」なんて人が身近にいると、直接的な被害を受けないとしても、ちょっとは不快感を抱くもの……。

これらは職場の空気を乱す原因にもつながります。
だらしない性格は早めに改善する努力をしないと、改善の余地がなくなってしまいますよ!

人をイライラさせる原因③ 謝り癖

「謝り癖」が、人をイライラさせる原因になっていることも。

ミスをしたときは謝るべきですが、むやみやたらに謝るようになると、謝罪の言葉の重みがなくなってしまいますよ!

言葉の重みがなくなれば、「申し訳ありません」が軽く聞こえてしまい、とりあえず謝っているように見えてしまうことも……。
謝るのが癖にならないよう、気をつけたいところですね。

また、謝罪後に重い空気に耐えきれず、空気を和らげるためにおちゃらけたような言動を取ってしまう人もいるようですが、相手に大きな不快感を与えるだけかもしれません。

重い空気を和らげるのは謝罪を受けた側の仕事だと思うので、お任せしましょうね!

人をイライラさせる原因④ なんでも1番になりたがる性格

「なんでも1番になりたがる性格」が、人をイライラさせる原因になるかもしれません。

1番を目指すのは素敵なことです。
しかし、度を越した負けず嫌いになってしまうと、周囲の人に迷惑をかけるおそれがあります。

たとえば、仕切るのが得意じゃないのにリーダーシップをとれば、集団が乱れてしまいそうですね。

なんでも1番を目指すのは、やめたほうがいいでしょう。
1番になろうとするより、「周りを見る余裕を持つ」「自ら率先して行動すべきときに気づく」ことが、仕事力アップの秘訣ですよ!

人をイライラさせる原因⑤ タイミングが悪い

「タイミングの悪さ」が、人をイライラさせる原因になるかもしれません。

「今言わないでよ〜」と思われる言動が目立つと、タイミングが悪い人に認定されがち。
相手に問題がある可能性もゼロではないですが、できる限りの対策をしたいところですね。

ひとつ対策法をご紹介すると、「自分基準の言動ばかりにならないよう気をつけること」。
相手基準で考えすぎるのはよくないですが、相手基準を知ることも大事ですよ!

たとえば、仕事仲間の作業のやり方やメールの特徴を探すと、相手にとってベストなタイミングに言動を起こせるかもしれません。

タイミングを間違えたとしても、相手のことを思いやる気持ちは必ず伝わるので、大きな不快感を与えずに済むのではないでしょうか?
「人をイライラさせる原因」を探ってみました。
人をイラつかせてしまうと、自分にもダメージがくるでしょう。
仕事仲間、そして自分のためにも周囲に不快感を与えない工夫を始めましょうね!

【関連記事】笑ったり泣いたりドキドキしたり♡心おどる北欧が舞台のおすすめ映画

北欧が舞台の映画は、おしゃれなファッションやおしゃれなインテリア、自然豊かな風景などス...

イライラ 原因 人間関係 職場 仕事

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、WEBライター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる