モテ女が口を揃えて言う「いい恋愛」の定義♪素敵な恋への近道とは

LOVE

よく女の子は「イイ恋愛をしたい」と口にしているけれど、結局のところイイ恋愛ってなに? 
ということで、恋愛の酸いも甘いも経験してきた女性たちが語る“イイ恋愛”をまとめてみました。

いい恋愛の定義①「穏やかでいられること」

「刺激的な恋愛がスキ」なんて女性もたまにいますが、ドキドキハラハラする恋愛は正直相手のペースに振り回されて疲れることの方が多いです。

そんなジェットコースターみたいな恋は短期間で十分。長くずっと一緒にいたいなら、やっぱり穏やかに過ごせる男性と一緒にいること、これに尽きます。

だって平和でいられる方が、お互いのペースを保ち続けられますよね?

男に振り回されてばかりの女性になるのはナンセンス。愛される女性は自分のペースをキープできる女性なのです。

いい恋愛の定義②「自然体でいられること」

パートナーと自然体でいられることは、絶対条件です。

だって、気を使ってばかりの関係なんて疲れるだけ。そんなの息が詰まって苦しくなっちゃいます。

愛されている女性曰く、「自然体でいるお互いを好きになってこそ真の愛」。

相手の言動を真に受け止められてこそ、仲がぐんぐんと深まっていくのです。パートナーには自分の弱い部分も強い部分もさらけ出して、本当のあなたを愛してもらいましょう。

いい恋愛の定義③「同じ方向を見つめること」

いくら好き同士でも、別々の方向を見ていたらいつかすれ違いが起こる可能性は大です。

カップルは似ているとよくいわれるように、長く愛し合っているカップルは同じ方向を見つめ合っていることの方が多いのです。

同じ方向というのは、夢や目標、そしてお互いのことをちゃんと見つめ合うことです。

夢や目標が同じ方向にあれば支え合いながら互いを必要としたり、互いのことを見つめ合えば互いに思いやりを持って接することができます。

いい恋愛の定義④「条件で好きにならない」

女性のなかには、パートナーにあれこれ条件を求めるひとがいますよね。

例えば、年収○万円以上、職業、高身長、高学歴、ルックスの良さなど……でも愛されている女性は「条件は後からついてきた」という人が意外にも多いんです。

愛されている女性が多く口にするのは「感覚で好きになった」という言葉。これはずばり本能で惹かれ合ったという証ですよね。

イイ恋愛という感じ方は人それぞれ違いますが、愛されているオンナが多く口にするのはこの4つです。
あなたの現在の恋愛はどうですか? 
ぜひ見直してみて下さいね。