ストレスを溜め込みがち!4月を快適に過ごすためのオキテ♡

LIFESTYLE

春は別れの季節であり、出会いの季節でもありますが、新入生や新社会人は苦労していると思います!
今回この季節だからこそ気を付けるべきことを紹介します♡

RIE
RIE
2015.04.09

4月の過ごし方① 休養日をつくる

休日になると友人や彼に会いたくなってしまう、なんて4月にありがちな話。
しかし平日や出勤日に引き続き、休日にも予定を入れてしまうと、自分のことをする時間や、身体をケアしてあげる時間がなくなってしまいます。

自分が会いたい人には会えていても、1週間分の疲れを休養するどころか、体力の限界をオーバーしてしまうかも。

週に2日ある休日の使い方は、あなた次第で変わってきます!
2日のうちの1日は家でまったりして、思う存分睡眠を摂るなど自分の休養日をつくるようにしてくださいね♡

4月の過ごし方② お酒の量は控えめに

新歓コンパや歓迎会が続く4月。
この季節に多いのが、飲酒する量が一気に増量したことで2日酔いで体調を崩してしまうこと。

お酒の量は体重だけでなく、美容や翌日のコンディションにまでマイナスの影響を与えてしまうのです。

新社会人では少ないですが、新入生は自分に合うお酒の量や限度などを掴めていない子が多いはず。自分でお酒の量を決めたりして、制限するようにしてくださいね♡

4月の過ごし方③ ストレス解消をする

この季節って新しいことだらけで、楽しいことも多いですが、自分自身では気づかないうちにストレスを抱えてしまっているなんてことも多いはず。

そしてストレスを抱えたまま、GWに突入してしまって五月病になってしまう子も多いのです。
でもストレス解消!といって、甘いものを食べたっり、お酒を飲んだりと、女の子は食にストレスをぶつけのは身体にも良くありません。体重や美容に悪影響が出てしまうからです!

そこで気候がベストな春だからこそ、エクササイズを実践してみて♡
エクササイズは、するまでがめんどくさいかもしれませんが、やればやるほどストレスが解消されちゃいますよ!

4月の過ごし方④ 自分で門限をつくる

4月は新しい季節だからこそ、新入生や新社会人は周りからちやほやされるもの。
しかしちやほやされるがあまりに、連日連夜外出していたり飲み歩いたりしていると、後々身体に大きな症状が出てきてしまいます!

自分の身は、自分で守らなきゃいけないもの。
キレイな身体を手に入れるため、ストレスを溜め込まないため、自分自身を守るために、門限を設定しましょう。そうすることで、自分のための時間をつくる余裕も出てくるのです♡

いかがでしたか?
ついつい無理しすぎてしまって五月病やストレスを溜め込んでしまわないように、自分の身は自分で守るようにしてくださいね♡
ぜひご紹介したポイントをチェックしてみてください!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。